ニュース 2015.10.29. 11:50

超優秀なソフトB助っ人 スタンが登板すれば日本Sに6人出場!

無断転載禁止
日本シリーズ第5戦の先発が予想されるスタンリッジ [BASEBALLKING]
 28日、神宮で行われた日本シリーズ第4戦はソフトバンクがヤクルトに6-4で勝利。ソフトバンクが対戦成績を3勝1敗とし、2年連続日本一に王手をかけた。28日の第3戦、勝利に大きく貢献したのが、日本シリーズでは故障した内川聖一に代わり4番で出場している李大浩。

 李大浩は初回に先制タイムリーを放つと、3回無死満塁の打席では走者一掃の3点タイムリー二塁打を放つなど3安打4打点の大暴れ。工藤公康監督も試合後の勝利監督インタビューで「李大浩様様です」と大絶賛した。

 ソフトバンクはこのシリーズ助っ人勢の活躍が目立つ。第2戦に先発したバンデンハークは、8回3安打無失点の投球を見せ勝利投手。守護神のサファテも、28日の第4戦で2点リードの9回に登板し、ピンチを招くも無失点。2試合に登板して1セーブをマークしている。さらに、前半戦に大活躍したバリオスも27日の第3戦に登板し、2回を無失点に抑えた。

 また、優秀な助っ人を多く抱えるソフトバンクにとってメリットがある。シーズン中であれば外国人枠の関係で一軍には4人しか置くことができず、一度登録を抹消すると10日間一軍で使うことができない。そのため、9勝を挙げたバンデンハークは前半戦二軍で好投しながら、一軍の登板機会に恵まれなかった。

 日本シリーズでは出場資格の40人に入っていれば、1試合の外国人登録数4人は変わらないが、1試合ごとに入れ替えが自由にできる。そういったこともあり、二軍で本塁打と打点の二冠に輝いたカニザレスも日本シリーズに出場している。

 そして、第5戦の先発が予想されるスタンリッジが登板すれば、ソフトバンクは日本シリーズで助っ人が6人出場することになる。

 最近10年の日本シリーズでの助っ人出場数を見てみると、2009年と12年巨人の5人が最多。09年にはイ・スンヨプ、オビスポ、クルーン、ゴンザレス、ラミレスが出場し、12年にはエドガー、ゴンザレス、ボウカー、ホールトン、マシソンが出場している。

 スタンリッジが第5戦に先発すれば、近年最多の助っ人6人が出場することになるソフトバンク。優秀な助っ人が多いところでも、ソフトバンクの強さを示している。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西