ニュース

ソフトB、球団初の日本S連覇へ王手! 李大浩4打点、細川は一発含む2打点

日本シリーズ第4戦
● ヤクルト 4 - 6 ソフトバンク ○
<10月28日 神宮>

 ソフトバンクが効率よく得点を重ね逃げ切り勝ち。対戦成績を3勝1敗とし、球団初の日本シリーズ連覇に王手をかけた。

 ソフトバンクは初回、ヤクルト先発・館山の乱調につけ込み一死一、二塁とすると、4番李大浩が三塁手・川端のグラブを強襲するタイムリーを放ち先制。3回にもヒットと2つの四球で無死満塁の好機を作ると、またしても李大浩が走者一掃となるタイムリー二塁打を左中間へ運んだ。

 続くチャンスで、8番細川にもタイムリーが生まれ5点目。細川は5-1で迎えた6回にも貴重なソロホームランを放ち、先発の摂津をバットでも援護した。

 その摂津は初回から両コーナーを丁寧に突き、立ち上がりの3イニングを無失点。だが、5点リードの4回に内野ゴロの間に1点を返されると、再び5点リードで迎えた6回は無死満塁のピンチを招き降板。ここで2番手の森がすべての走者をホームへ還してしまい、摂津は結局、6回途中4失点の内容だった。

 それでも2点リードの7回からは、第3戦で痛恨の逆転2ランを浴びた千賀が2イニングをピシャリ。9回は守護神・サファテが無失点で切り抜け、このシリーズ初セーブをマークした。

 ヤクルトは先発の館山が4四球と制球に苦しみ、3回5失点でノックアウト。打線は下位打線が機能し中盤に4点を返すも、前夜3本塁打の3番山田がソフトバンク投手陣の前に4打数無安打に封じられた。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西