ニュース

ボーク、カバー遅れ、カウント間違い…鯉の新人投手、ミス連発で全員失点

期待のドラ1右腕・岡田「これから修正したい」


 広島のドラフト1位入団・岡田明丈投手、同2位・横山弘樹投手、同6位・仲尾次オスカル投手が16日、揃って紅白戦に登板。それぞれが四球やミス絡みで失点し、一軍生き残りをアピールできなかった。

 最初にマウンドに上がったのは紅組先発の横山。初回、一死から2番安部を一塁ゴロに打ち取るも、ベースカバーが遅れ内野安打に。4番エルドレッドを併殺に仕留め、何とか初回を無失点で切り抜けたが、2回は四球絡みで無死満塁のピンチを作り、2本の犠牲フライで2点を失った。

 横山は自らの投球を振り返り「結果的に2点取られ、ボールの精度も悪かった。ベースカバーに遅れてしまったり、投げる以外のプレーも、1つひとつしっかりやらないといけない」と課題を挙げた。

 横山に代わり、紅組の2番手で登板したオスカルも2失点。先頭打者にいきなり四球を与えると、けん制球がボークを取られ無死二塁。その後、一死三塁から3番鈴木に適時打を許すと、5番プライディにもあっさりと犠牲フライを許した。

 こちらも「先頭打者の四球がダメ」と猛省。ボークは微妙な判定にも見えたが、一塁塁審からは登板後、「もう少しファースト側に踏み出すように」と指導されたと明かした。今後については「ストレートの勢いと変化球のキレでどんどん勝負して、一軍で活躍したい」と巻き返しを誓った。

 ドラ1右腕の岡田は、白組の3番手として4回から登板。こちらも最初のイニングで失点とボークを記録。立て直したい2イニング目も、2つの四球で一死一、二塁とされたあと、3番ルナに適時打を許し2失点目。さらに一、二塁から、続く松山を投ゴロに仕留めるも、アウトカウントを間違え一塁へ送球。併殺なら3アウトの場面だったが、二死二、三塁から5番新井のゴロを、遊撃手の安倍がファンブル。これで二者が生還し、岡田はこの回だけで3点を失った。

 結局2回4失点(自責2)の岡田は登板後「ランナーを出してからの課題が出た。これから修正したい」とコメント。静止せずにボークを取られた場面については「自分では止めたつもりだったが、審判には早く見えたのだと思う」とアマチュアとの違いに唇を噛んだ。

 それでもドラ1右腕は「変化球でカウントが取れたし、ストレートも走っていた」と収穫も口に。今回は3投手ともプロの洗礼を受ける形となったが、それぞれ課題を克服し、次なる実戦でのアピールに期待したい。

【広島:新人3投手の16日紅白戦成績】
横山(2回):3安打、2四球、2失点
オスカル(1回):2安打、1四球、2失点
岡田(2回):3安打、2四球、4失点(自責2)
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西