ニュース

ロッテ・大嶺祐、4回4失点で降板 「申し訳ない気持ちだけ」

 ロッテの大嶺祐太が26日の日本ハム戦に今季初先発したが、4回4安打、6四死球、4失点で降板した。

 前夜は日本ハムのエース大谷翔平から初回に3点を奪い3−2で勝利したロッテ。伊東監督は試合前に「昨日はいい形で勝った。その流れで大嶺が頑張ってくれたら」と大嶺祐に期待を寄せたが、この日は苦しいマウンドとなった。

 大嶺祐は初回、無失点に抑えたものの、2つの四球を出す苦しい立ち上がり。続く2回は一死走者なしから谷口雄也に四球を与えると、二死後、中島卓也にセンター前に運ばれ先制を許す。

 2−1と逆転した直後の4回は一死後、四死球と安打で満塁のピンチを招くと、西川遥輝に2点適時打を浴びる。さらに野選で1点を失い、大嶺祐はこの回を終えたところでマウンドを降りた。

 4回4失点と悔しい今季初登板となった大嶺祐は「申し訳ない気持ちだけ。点を取ってくれた後に…。四球も多く野手の人のリズムを崩してしまった」と肩を落とした。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西