ニュース

【ロッテ】桜美林大・佐々木を当てた山室球団社長「マリンの神様のおかげ」

無断転載禁止
ロッテが外れ1位で桜美林大・佐々木千隼の交渉権を獲得
 ロッテの山室晋也球団社長がドラフト会議を終え、喜びを語った。

 ロッテは1位で5球団競合の創価大・田中正義を指名したが、獲得ならず。再入札で指名した桜美林大・佐々木千隼も再び5球団が競合したが、見事、山室晋也球団社長がクジを引き当て、交渉権を獲得した。

 山室球団社長は「とても良いドラフトになったと思います。大変、満足をしています。クジに関しましては、最初は欲を出して、ぐちゃぐちゃとかき混ぜて選んでしまったので、2回目は無欲に一番上のものを選ばせていただきました。手にスッと吸い込まれるような感じでした。ちなみに昨晩、誰もいないマリンのマウンドからマリンの神様にお願いをしました。そしてファンで満員に埋まったスタンドを想像してパワーをいただきました。本日もドラフト会議出席前にグラウンドにて、昨晩と同じ事をして出発しました。ファンの皆様の想いとマリンの神様のおかげで佐々木投手と素晴らしいご縁に恵まれたと思っています」とコメントした。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西