ニュース

ソフトBが3年ぶりの日本S進出へ王手 2番抜擢の明石が3安打2得点と活躍

CSファイナルステージ第4戦
○ ソフトバンク 5 - 2 日本ハム ●
<10月18日 ヤフオクドーム>

 ソフトバンクが粘り強く戦い接戦に勝利。これで通算成績を3勝2敗とし、3年ぶりの日本シリーズ進出へ王手をかけた。

 ソフトバンクは初回、この日も1番で起用された柳田が、豪快な先頭打者弾をライトスタンドに運び先制。2回には7番吉村のタイムリー、3回にも5番松田が2点タイムリーを放ち、序盤から効率良く得点を重ねた。さらに、この日は2番に明石を起用。この抜擢に明石が3安打2得点、さらに1盗塁の働きで応え、打線の潤滑油として機能した。

 投手陣では先発の中田が5回2失点と粘投。5四球を与えるなどテンポの悪い投球が目についたが、それでも致命的な一打を許さず、リードを守り降板した。6回以降は5人の継投で無失点リレー。特に7回以降に登板した森、五十嵐、サファテは、日本ハム打線に1本のヒットも許さなかった。

 対する日本ハムは、ここまで好調だった4番中田が無安打2三振。連続本塁打も4試合で止まった。さらに第3戦で2本塁打の3番陽、ポストシーズンに入り絶好調だった5番小谷野も快音を残せず、クリーンアップの3人が揃って無安打に倒れた。

 日本ハムは投げても、先発の木佐貫が2回2失点で降板。2番手のメンドーサもいきなり2点を失うなど、試合序盤で主導権を失ってしまった。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西