ニュース

球界に増える選手兼任コーチ 今季から高橋由、東出も兼任コーチに

無断転載禁止
選手兼任打撃コーチを務める巨人の高橋由伸[Getty Images]
 球界では谷繁元信(中日)が選手兼任監督を昨季から務めているが、選手兼任コーチも12球団を見渡すと4人いる。高橋由伸(巨人)は今季から選手兼任コーチになり、15日に行われたスタッフ会議に参加するなど選手だけでなく、コーチとしての役割が求められるようになった。

 東出輝裕(広島)も高橋由と同じように今季から兼任コーチになり、二軍野手コーチ補佐に就任した。二軍コーチになると、一軍の試合に出場できないのではないかと思われるが、一軍昇格した際は、選手専任で出場する予定になっている。

 ちなみに広島は過去にも、2004年に瀬戸輝信が、選手兼任で二軍バッテリーコーチを務めたことがある。瀬戸は、この年一軍で1試合出場して現役引退した。

 また、4人の中で最も兼任コーチ歴が長い中嶋聡(日本ハム)は、2007年から一軍バッテリーコーチを兼任し、今季で9年目を迎える。中嶋は2007年以降も毎年一軍出場を続けているが、年々出場試合数が減少し、昨季はわずか1試合の出場にとどまった。

 プレーヤーだけなく、コーチとして選手を指導する立場で、調整も難しいだろうが、選手、コーチの両方での活躍に期待したい。

■今季の選手兼任コーチ
●日本ハム
中嶋聡/選手兼任バッテリーコーチ

●巨人
高橋由伸/選手兼任一軍打撃コーチ

●広島
東出輝裕/二軍野手コーチ補佐

●DeNA
三浦大輔/選手兼任投手コーチ
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西