ニュース 2015.04.07. 11:49

米メディアが田中将大の開幕戦を分析「速球をあきらめる?」

無断転載禁止
開幕戦苦しいマウンドとなったヤンキースの田中将大[Getty Images]
 日本人メジャーリーガーとしては野茂英雄、松坂大輔、黒田博樹に次ぐ4人目となる開幕投手を務めたヤンキースの田中将大だったが、3回に一挙5点を失うなど4回、5失点で敗戦投手となった。

 試合後、MLBデータ専門サイト「Fangraphs」にMLBライターのジェフ・サリバン氏が「田中将大、速球をあきらめる?」というタイトルで記事を掲載。記事では「開幕戦の初球はだいたい速球を投げるものだが、田中はスライダーで2015年をスタートさせた。先頭打者を三球三振に打ち取ったまでは良かったが結果は残せず」と綴っている。

 また、田中が3回表に本塁打を打たれるまで49球中23球(47%)が速球だったが、その後は33球中6球(18%)に大きく速球の割合を減らしたこともあり「技巧派ともいえる投球内容」と評価した。その一方で、落差もあってスプリットが良かったことを明るい材料に挙げている。

 ただサリバン氏は「今日の投球の割合を見ると技巧派投手といえるが、長距離打者が多いブルージェイズ打線が相手だったことも影響していた」とし、「次の登板以降、速球の割合を増やしていくのか。技巧派でいくのか」と注目した。

 記事の最後は、「どちらにしてもヤンキースのプレーオフ進出のカギは田中が握っている」と締めくくられている。

【PR】「ABEMA」ならドジャース戦、パドレス戦が毎日視聴可能!

ABEMA × MLB

「ABEMA」とは、好きな時間に好きな場所で、話題の動画を楽しめる新しい未来のテレビ。登録不要でドジャース戦を含む様々なコンテンツが無料で視聴できます。ただし、無料配信は一部のため、日本人メジャーリーガーの活躍をすべて観るなら「ABEMAプレミアム」月額960円(税込)への加入がおすすめ。

POINT

① ABEMAプレミアムならすべてのドジャース戦が視聴可能!TV視聴も可能!

追っかけ再生、見逃し配信などうれしい機能が充実!

③ 初めてABEMAプレミアムに登録する方は2週間無料!

ポスト シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西