ニュース 2015.05.05. 18:00

7回2失点&3打点で2勝目! 阪神・岩田「西岡のビッグプレーでいい流れ」

○ 阪神 4 - 2 中日 ●
<8回戦・甲子園>

 阪神が先発・岩田の攻守に渡る活躍で連敗を3でストップ。投げては7回2失点の好投。打っては6回二死満塁の好機で、自ら走者一掃の勝ち越し3点タイムリー三塁打を放った。

 まさに一人舞台だった。岩田は初回に先制を許すも、2回以降は丁寧なピッチングで立ち直った。1-1で迎えた6回には、先頭・ルナの痛烈な三塁線のライナーを、サードの西岡がジャンプ一番。抜けていれば無死二塁という打球を大阪桐蔭の後輩が好捕し、岩田は6回も無失点で切り抜けた。

 するとその裏、阪神は二死から、6番マートン、7番伊藤隼の連打などで満塁のチャンス。ここで打席には岩田がそのまま入り、中日先発・山井が投じたスライダーを、ものの見事にライト線へ運んだ。これが走者一掃の3点タイムリーとなり岩田は一気に三塁へ。自らのバットで勝ち越し点を奪い、甲子園のボルテージを一気に上げた。

 岩田は7回に犠牲フライで1点を返されるも、この回をしっかり投げ切り勝ち投手に。投打のヒーローとしてお立ち台に立った左腕は「立ち上がりに失点したけど粘り強く投げられた。西岡がビッグプレーをしてくれていい流れに乗れた」と、チーム全体の勝利を強調した。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西