ニュース

上原、わずか1球で火消し レッドソックス連敗ストップ

無断転載禁止
8回途中無失点と好投したレッドソックス先発のロドリゲス [Getty Images]
● レンジャーズ 1 - 5 レッドソックス ○
<現地時間5月28日 グローブライフ・パーク・イン・アーリントン>

 レッドソックスの上原浩治が現地時間28日(日本時間29日)、レンジャーズ戦の9回二死から3番手として登板。ランナー二塁の場面もわずか1球で打ち取り、チームの連敗ストップに貢献した。

 上原は5-1で迎えた9回、二死二塁の場面で登板。セーブの付かない局面だったが、レンジャーズの7番アンドラスを外角の直球でライトフライに打ち取り、わずか1球でピンチを脱した。今季17試合目の登板も無失点で締め、防御率は1.76。田沢純一の登板はなかった。

 レッドソックスは、先発左腕のロドリゲスが8回途中無失点と好投しメジャー初勝利。打線は8回にダメ押しの3点を奪い、チームの連敗は3で止まった。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西