ニュース

若手が球界を席巻 先発の世代交代進行中? 

無断転載禁止
ここまでチーム最多の6勝を挙げているソフトバンクの武田翔太©BASEBALLKING
 24日のロッテ戦で大谷翔平(日本ハム)がリーグ最多の9勝目を挙げるなど、セ・パで先発投手の世代交代が進行している。

 セ・リーグでは、防御率、勝利、奪三振とリーグ1位の成績を残しているのが20代の投手。昨季は最優秀防御率のタイトルを獲得した菅野智之(巨人)を除いて、勝利、勝率、奪三振のタイトルはメッセンジャー(阪神)、山井大介(中日)と30代を超えた投手だった。

 今季はというと球界を代表するエースの前田健太(広島)、菅野だけでなく、高木勇人(巨人)、大野雄大(中日)、藤浪晋太郎(阪神)といった20代の投手たちの活躍が光る。

 また、藤浪、大谷と同学年の若松駿太(中日)が24日のヤクルト戦で7回を1失点に抑えれば、現在二軍調整中の高卒2年目の田口麗斗(巨人)は、プロ初勝利を含む2勝を挙げるなど見事な働きぶり。20代前半の投手たちも先発ローテーション入りを目指しアピールを続ける。

 パ・リーグも防御率はディクソン(オリックス)が1位となっているが、勝利、奪三振は7月で21歳を迎える大谷翔平(日本ハム)が堂々の1位。

 特にパ・リーグは大谷を始め、上沢直之、有原航平、郭俊麟など20代前半でローテーションに入っている投手が多い印象だ。大谷の1学年上の武田翔太(ソフトバンク)もその一人。3年目の昨季、日本シリーズでカーブを駆使し、阪神打線を封じたのも記憶に新しい。

 4年目の今季は、春先打ち込まれる場面も目立ったが、5月21日のオリックス戦から自身4連勝中。6月4日のDeNA戦では完封勝利を挙げるなど、ここまでスタンリッジと並び、チーム最多の6勝をマークしている。

 黒田博樹(広島)、杉内俊哉(巨人)、能見篤史(阪神)、摂津正(ソフトバンク)といったベテラン投手も結果を残しているが、ここまでは、それ以上に20代の先発陣の奮闘が目立っている。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西