ニュース

貯金1となった首位・巨人 ノムさん「巨人の選手は全員目が死んでるね」

無断転載禁止
中日との3連戦に負け越した巨人の原辰徳監督©BASEBALLKING
 21日、『S1』(TBS系)に野村克也氏がVTR出演し、同日に行われた巨人対中日戦を解説した。

 1勝1敗で迎えた第3戦は、中日が2回に荒木雅博のタイムリーで先制。6回にも、先発の山井大介にタイムリーが飛び出し、中日ペースで試合が進む。

 同点に追いつきたい巨人打線だが、中日先発・山井の前に6回まで得点することができず。山井に抑え込まれる巨人打線に対し、野村氏は「巨人の選手は全員目が死んでるね」と巨人の選手に覇気がないように映ったようだ。

 だが7回、「コントロールが甘くなっているからやられるよ」と野村氏は、山井に疲れが見えてきていることを指摘。その言葉通り、巨人は2本のヒットと四球で無死満塁のチャンスを作ると、アンダーソンの内野ゴロの間に1点を返す。なおも、一死一、三塁から相川亮二のライト前に運ぶタイムリーで同点に追いつくと、長野久義の打席で中日バッテリーにミスが出て、巨人が逆転に成功。

 これには野村氏も「この勢いなら巨人が勝つでしょう」と予想。しかし8回、三番手でマウンドに上がったマシソンがピリッとしない。先頭の和田一浩にバックスクリーン左に飛び込むソロで同点とされる。野村氏は「(和田は)真っ直ぐ一本に絞ったと思うよ。完璧ですよ」と本塁打を打った和田を褒めた。さらに続く、エルナンデスがマシソンの154キロのストレートをレフトスタンド最前列に運ぶ本塁打で、中日が逆転に成功。

 このリードを8回又吉克樹、9回福谷浩司が守りきり、中日が勝利。敗れた巨人は再び、貯金が1となった。

 最後は、首位から最下位までゲーム差3.5のセ・リーグについて「6球団とも決めてがない。抜ける要素がどこにもない」と話し、「混セは続くよ~どこまでも」と一句を詠んだ。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西