ニュース

ノムさん、巨人・原監督の采配に苦言「なんでキャッチャーを代えるの」

無断転載禁止
DeNAとの3連戦に負け越した巨人・原辰徳監督©BASEBALLKING
 10日、『S1』(TBS系)に野村克也氏がVTR出演し、同日に行われた首位・DeNA戦に敗れた2位・巨人に苦言を呈した。

 1勝1敗で迎えた首位攻防の第3戦。巨人が初回、大田泰示のタイムリーで先制するも、先発した高木勇人がピリッとしない。2回に同点に追いつかれると、3回にタイムリーを浴び逆転を許した。

 同点に追いつきたい打線だが、DeNA先発の須田幸太を打ちあぐねる。野村氏は「おそらく巨人は、『このピッチャーいつでも打てるわ』と須田を軽く見ていると思う。スピードも手頃だから強引さがでるんだよ。バッティングは謙虚じゃなきゃね」と解説。

 7回に同点に追いつき勝ち越したい巨人は、8回一死の場面で、小林に代わり原辰徳監督は代打に長野久義を送る。この采配に「(先発・高木勇と)上手く呼吸があってるのに、なんでキャッチャーを代えるの。キャッチャーが代われば配球が変わるわけだから。さっぱりわからない」と納得がいかなかったようだ。

 そして、8回裏、野村氏の不安が的中する。この回から小林に代わって実松一成がマスクを被ると、一死後、連打と敬遠で満塁の大ピンチ。ここを無失点で切り抜けたい高木勇だったが、ルーキーの倉本寿彦に勝ち越しタイムリーを浴びた。「やっぱり後から出てくるキャッチャーは心理的に目立とうとする。インコース真っすぐとか強気のリード。墓穴を掘るわけだよ」と失点した理由を語った。

 その後、ワイルドピッチでもう1点失った高木勇はここで降板。打線も9回、DeNAの守護神・山崎康晃に抑え込まれた。ルーキー高木勇はプロ初黒星。チームも広島、DeNAと2カード連続で負け越しとなった。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西