ニュース 2015.10.22. 20:45

勝俣、谷田、畔上…ドラフトで名前が呼ばれなかった注目選手は?

無断転載禁止
東海大菅生の勝俣翔貴[Getty Images]
 2015年のドラフト会議が終了。高橋純平、オコエ瑠偉、小笠原慎之介、熊原健人と注目選手が次々と指名されていった。

 一方で指名されなかった選手もいる。東海大菅生高で投手を務め、U-18ワールドカップでは内野手と外野手を務めた勝俣翔貴は指名されず。U-18ワールドカップでは打率.556で首位打者、12打点で打点王を獲得。木製バットを苦にせず結果を残していた。

 また大学生では、秋のリーグ戦で5本塁打を記録している慶応大の谷田成吾が指名漏れ。阪神から1位指名を受けた明治大の高山俊、日本ハムから6位指名を受けた慶応大の横尾俊建とともに、日大三高時代に全国制覇を経験した法政大の畔上翔は、秋のリーグ戦でリーグ2位の打率.395と好調を維持していたがプロ入りが叶わなかった。

 その他、大学ジャパンの北村祥治、藤岡裕大、立命館大学の山足達也も指名漏れとなっている。

【指名漏れとなった主な選手】
勝俣翔貴(東海大菅生高)
谷田成吾(慶応大)
畔上翔(法政大)
北村祥治(亜細亜大)
藤岡裕大(亜細亜大)
山足達也(立命館大)
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西