ニュース

期待を背中に…「背番号」から見る各球団のドラ1選手

無断転載禁止
各チームで新入団選手がお披露目された[BASEBALLKING]
 運命の一日「ドラフト会議」から1カ月余り…。各球団で続々と新入団選手の発表会が開催され、将来のチームを担う選手たちがお披露目されている。

 注目される背番号も、いきなり“良い番号”を与えられる選手が続出。その期待の高さを伺い知ることができる。

 西武に入団した多和田真三郎(富士大)は、球団伝統のエースナンバー『18』をいきなり受け継いだ。“沖縄の武田久”なる異名を持つ多和田は、異名の通り武田久(日本ハム)のように大きく前に踏み出し、沈み込みながら投げ込む速球が魅力の右腕。新入団選手発表会では“新人王”を目標として掲げ、「200勝投手になりたい」と意気込みを語った。

 高卒ルーキーでは、楽天に入団したオコエ瑠偉(関東一高)がいきなり一桁の『9』を背負うことが決まった。その他では中日の小笠原慎之介が『11』、ソフトバンクの高橋純平は工藤監督が現役時代に背負ってきた『47』を受け継ぐことになった。

 12球団のドラ1選手がつける背番号は以下の通り。

● ソフトバンク
高橋純平 『47』
「今は左投手のイメージ。工藤監督の現役のころや杉内投手のイメージ。いつかは自分の番号にしたい」
【過去の主な選手】
・広永益隆
・工藤公康
・杉内俊哉

● 日本ハム
上原健太 『20』
「自分の色を精いっぱい出していきたい」
【過去の主な選手】
・宮崎昭二
・岩本勉

● ロッテ
平沢大河 『13』
「“背番号13といえば平沢”と思われるような番号にしたい」
【過去の主な選手】
・横山小次郎
・吉田篤史

● 西武
多和田真三郎 『18』
「200勝投手になれるよう頑張る」
【過去の主な選手】
・郭泰源
・松坂大輔
・涌井秀章

● オリックス
吉田正尚 『34』
「ハーパー(ナショナルズ)のように自分も打撃で『おーっ』となる選手になりたい。3割、30本打てるように頑張りたい」
【過去の主な選手】
・森浩二

● 楽天
オコエ瑠偉 『9』
「ソフトバンクの柳田選手と同じだし、3+3+3で9が良かった」
【過去の主な選手】
・鷹野史寿
・宮出隆自
・阿部俊人

● ヤクルト
原 樹理 『16』
「石井一久さんのイメージ。10番台をもらえたのは、その分期待されているということ。それに恥じない活躍をしたい」
【過去の主な選手】
・井上佳明
・西岡清吉
・石井一久

● 巨人
桜井俊貴 『21』
「いい番号をいただいたので、少しでも長く、『これが桜井の番号』と言われるように守っていきたい」
【過去の主な選手】
・藤田元司
・堀内恒夫
・高橋一三
・宮本和知
・高橋尚成

● 阪神
高山 俊 『9』
「(高校時代)甲子園でプレーするときは9番をつけていた。番号に追いつくというよりは、僕らしく一生懸命やりたい」
【過去の主な選手】
・安藤統夫
・佐野仙好
・藤本敦士
・マートン

● 広島
岡田明丈 『17』
「新人王を目指したい。前田健太さんのような日本を代表する投手になりたい」
【過去の主な選手】
・鵜狩道夫(好応/道旺)
・山根和夫
・大竹寛

● 中日
小笠原慎之介 『11』
「5億円プレーヤーになりたい」
【過去の主な選手】
・三沢淳
・川上憲伸

● DeNA
今永昇太 『21』
「(テーマは)忍耐。結果が出ていないときの自分ほどそれが本当の自分だと思うので、そういう時を忍び耐えていきたい」
【過去の主な選手】
・鬼頭洋
・野村弘樹
・吉見祐治
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西