ニュース 2016.12.24. 18:00

引退を決断した戦力外組

無断転載禁止
現役引退した新垣渚
 今オフ戦力外となった田中浩康、細川亨などが移籍先を決めた。ソフトバンクを戦力外とった金子将太、巨人を戦力外となった金伏ウーゴはプロではなく、プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団。ロッテを戦力外となった香月良仁は、来季から社会人の鮮ど市場ゴールデンラークスでプレーする。

 独立リーグ、社会人で野球を続ける道を選んだ選手がいる一方で、野球を辞める決断を下した選手もいる。ヤクルトを戦力外となった新垣渚は、11月に行われた合同トライアウトに参加したが現役を引退した。新垣は02年に自由獲得枠でダイエー(現ソフトバンク)に入団。1年目の03年に8勝をマークし、翌04年からは3年連続2ケタ勝利を記録した。04年には最多奪三振のタイトルを獲得した。

 しかし、07年以降は制球難と故障に苦しみ、一軍の舞台から遠ざかる。14年途中に12年間プレーしたソフトバンクからヤクルトへ移籍するも、力を発揮することができなかった。

 また、巨人を戦力外となった阿南徹はジャイアンツアカデミーのコーチに就任し、球団創設1年目から楽天でプレーしていた牧田明久は楽天のジュニアコーチに転身した。阿南、牧田のように戦力外となり現役引退した選手の中では、球団スタッフに転身したケースは多い。

 プロ野球選手としてプレーすることを希望しながら、現役を退いた戦力外組は多いだろう。引退して“第2の人生”をスタートさせる選手たちの活躍に期待したいところだ。

【現役引退を決断した主な戦力外組】
新垣渚(前ヤクルト)
阿南徹(前巨人)
牧田明久(前楽天)
西川健太郎(前中日)
久本祐一(前広島)
伊藤義弘(前ロッテ)
青松敬鎔(前ロッテ)
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西