ニュース

ピンチ救った日ハム・谷元「取り返したいという気持ちだった」

CSファイナルステージ第2戦
● ソフトバンク 1 - 5 日本ハム ○
<10月16日 ヤフオクドーム>

 日本ハムが逆転勝利を収め、ビハインドを含めた通算成績を1勝2敗とした。打っては4番中田がポストシーズン3連発となる豪快弾を放ち打線を鼓舞。投げては先発・中村のあとを受けた2番手・谷元が好リリーフを見せ、負ければあとがなるなる大事な2戦目をモノした。

 1点ビハインドの4回裏、一死満塁のピンチでマウンドに上がった谷元がチームを救った。谷元はオリックスとのファーストステージ第2戦で、T-岡田に痛恨の一発を浴びていた。「この間(オリックス戦との第2戦)はチームに迷惑をかけた、取り返したいという気持ちだった」と、崖っぷちでの好リリーフを振り返った。

 その後、チームは6回にソフトバンク守備陣の乱れに乗じ逆転。さらに中田が、3点差に広げる2ランを放ち、見事な逆転勝利を収めた。「とにかく凌いでいればチャンスはあると思っていた。中田が打った瞬間は『やった!』と思った」と、谷元はお立ち台で笑顔を見せた。

 日本ハムはこれで通算成績を1勝2敗とし、日本シリーズ進出へ望みを繋いだ。谷元は最後に「福岡という遠い土地ですけど、これからも日本ハムの応援を宜しくお願いします」と語り、応援に駆けつけたファンに手を振った。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西