ニュース

和田、古巣ソフトBの後輩に打たれるも… 柳田と松田を好評価

無断転載禁止
6回途中からマウンドに上がったMLB選抜の和田毅 [Getty Images]
日米野球 第2戦
● MLBオールスターチーム 4 - 8 侍ジャパン ○
<11月14日 東京ドーム>

 MLBオールスターチームの3番手としてマウンドに上がった和田(カブス)は、1回2/3回を2失点とメジャーリーガーの意地を見せることができなかった。

 3点ビハインドの6回、二死一塁から登板した和田は、糸井(オリックス)を空振り三振に仕留めると、続く7回は、三者凡退に抑えた。しかし、8回にこの回先頭の元同僚の松田(ソフトバンク)に一発を浴びると、さらに柳田(ソフトバンク)にも適時二塁打を許した。

 降板後和田は、松田に打たれた本塁打について、「ホークス時代も紅白戦で打たれていたので、同じような当たりでしたね」と懐かしそうに振り返った。また、和田がソフトバンク在籍時に1年だけ一緒にプレーした柳田には、「自分が最初に紅白戦で対戦したときはレギュラーではなかった。今は立派な3割打者として、素晴らしいバッティングをしていた。凄く成長している」と後輩の成長に目を細めた。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西