ニュース 2014.11.27. 21:38

意識し合う岡田幸文と松本哲也 先にプロ本塁打を放つのはどっちだ!?

無断転載禁止
ジョージア魂賞の表彰式に出席したロッテの岡田幸文(右)
 14年シーズンの“ファン自身が元気づけられた魂あふれるベストプレー”に贈られる「ジョージア魂賞」の表彰式が27日に都内で行われ、全12プレーから選ばれる年間大賞には、日本ハムの大谷翔平投手が選ばれた。

 大勝こそ逃したがロッテからは唯一、8月10日の西武戦(QVCマリン)で好プレーを連発した岡田幸文が第9回(8月上記)の同賞に輝いた。岡田は受賞式後のトークショーにも参加し、ファンからの「全力プレーの源は何か」の問いに、「ファンの声援」と回答。さらに「選手には良い声援も悪い声援も耳に入ります。今年は『もっと勝て』という声が一番心に残りました」と苦笑いを浮かべた。

 次は、同じくセンターの好守備で第4回(5月下期)の同賞に輝いた巨人の松本哲也から「自分もプロでまだ本塁打を打った経験がないけど、打ちたい気持ちはありますか?」と質問されると、「打ちたいんですけど、打てないんです」と苦笑い。「自分の仕事は塁に出ることですし、大振りしたところでバットに当たらない(笑)。それよりもピッチャーの足元をしっかり狙いたい」と回答した。

 岡田とプレースタイルが似ている松本は、「僕は打席に入る前は『狙ってみようかな…』と思ったりするんですが、実際に打席に立つとヒット狙いになってしまう。練習では何度かスタンドインさせているけど、そこでしか感触を味わえない…」と自虐的に返し笑いを誘った。

 岡田と松本はともに1984年7月生まれの30歳。さらに育成枠出身、左投げ左打ち、俊足好守が売りの外野手と共通点が多い。岡田は7月31日の日本ハム戦で、プロ入りからの連続打席無本塁打のプロ野球新記録をマークし、今シーズン終了までにその数を1882打席に更新した。

 一方の松本も、支配下登録された07年から今シーズン終了まで1335打席無本塁打。先に、記念すべきプロ初本塁打を放つのはどっちか? 来季以降はリーグを代表する守備職人のバットからも目が離せない。

【PR】千葉ロッテマリーンズを観戦するなら「DAZN Baseball」

吉井監督体制2年目を迎えるロッテ。"令和の怪物"佐々木朗希がエースとしてフル回転し、チームを悲願のリーグ制覇へ導けるか注目!

「DAZN Baseball」とは、月額2,300円(税込)でDAZNのプロ野球コンテンツをすべて楽しめるプランです(月々払いの年間プランのみ)。

プロ野球だけを楽しみたい方は、月額4,200円(税込)のDAZN Standard​よりも1,900円お得に視聴できます。

POINT

ペナントシリーズ、交流戦、CSまで余さず堪能できる!

② オフシーズンもドキュメンタリーやバズリプレイなどコンテンツが充実!

毎月2,300円でライブ配信・見逃し配信・ハイライトまで視聴可能!

楽天モバイルなら追加料金ゼロで
パ・リーグが楽しめる!【PR】

楽天モバイル パ・リーグSpecial

楽天モバイルに申し込み「Rakuten最強プラン」を契約すると、公式戦やオリジナル番組を追加料金0円で楽しめます。携帯キャリアを乗り換えず、「デュアルSIM」としての契約もおすすめ。パ・リーグをお得に観戦できるチャンスをお見逃しなく。

POINT

① パ・リーグ主催の公式戦・オリジナル番組が見放題!

② 見逃し配信にも対応! スマホやTVなど好きなデバイスで視聴可能!

③ キャリア乗換不要。お得で手軽な「デュアルSIM」契約もオススメ!

ポスト シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西

メジャーリーグ

高校・育成