ニュース

FAの目玉・シャーザーはナショナルズへ 投手歴代2位の大型契約7年248億円で合意と報道

無断転載禁止
今オフ、FA市場最大の目玉選手として注目を集めていたマックス・シャーザー[Getty Images]
 今オフ、メジャーリーグのFA市場で最大の目玉とされていたタイガースのエース右腕、マックス・シャーザーの去就が決まりそうだ。現地時間19日、ワシントン・ナショナルズがシャーザーと契約合意に至ったとMLB公式サイト『MLB.com』など、複数メディアで報じられた。

 記事によると、その契約は7年総額2億1000万ドル(約248億3000万円)。これは、昨年ドジャースと7年総額2億1500万ドル(約254億1000万円)という超大型契約を結んだ“最強左腕”クレイトン・カーショーには及ばずも、投手史上歴代2番目という高額契約だ。

 シャーザーは2014シーズン開幕前にタイガースから提示された6年総額1億4400万ドル(約170億円)という契約延長オファーを蹴ったとされており、結果的に6600万ドル(約78億円)もの上積みを勝ち取ったと言うことになった。ちなみに、シャーザーの代理人を務めたのは、敏腕として名高いスコット・ボラス氏である。

 また、今回の契約は少し特殊なところがあり、『FOX Sports』のリポーターとしてお馴染みのケン・ローゼンタール氏によると、契約は7年となっているが、1500万ドル(約17億7000万円)の年俸を14年間に渡って受け取る形になっていると言う。

 シャーザーは、ここ2年連続でア・リーグ最多勝を誇る右腕で、直近の3年間では55勝15敗と貯金を40個も生み出しているメジャーでも屈指の好投手。13年には投手最高の栄誉、サイ・ヤング賞にも輝いている。

マックス・シャーザー

 投手 8年目/31歳 右投右打
昨季成績:33試 220回1/3 18勝5敗 振252 防3.15
☆サイ・ヤング賞(’13)、最多勝(’13・’14)
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西