ニュース 2015.02.03. 20:30

銀次、追い払いたいのは「糸井さん」 悲願の首位打者への秘策とは

 楽天の銀次が3日、沖縄・久米島での1軍キャンプで節分の豆まきを行い、鬼に扮したお笑いコンビのサンドウィッチマンに豆をぶつけて退治した。

 テレビ番組の収録に訪れていた仙台出身の2人に容赦なく豆やピスタチオをぶつけて、ひとしきり笑いをおこした後、報道陣から「いま追い払いたいもの」を聞かれると「糸井さん!」と即答した。

 昨季終盤、首位打者争いの最中には銀次が打率で糸井を上回れば欠場を続けたり、糸井が逆転した後の直接対決では銀次に露骨な敬遠気味の四球が与えられるなど後味の悪さも残った。結果はわずか4厘差で糸井が首位打者を獲得。銀次にとっては因縁の相手といえる。

 首位打者獲得に執念を燃やす銀次。この日は志願のアーリーワークで全体練習開始前に、室内練習場で40メートル離れたネットを的にティー打撃を約1時間も行った。離れた地点に狙いを定めて打球を飛ばすことで、バットコントロールを磨く効果があるとされる。銀次は昨年のキャンプでも同様の練習を行い、飛躍のきっかけをつかんだ。

 東北きってのバットマンは悲願達成に向け一心不乱に努力を続けている。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西