ニュース

エンゼルスがOP戦で1イニング4本の三塁打 その確率は何と…

無断転載禁止
快挙の先陣を切ったエンゼルスのアイバー [Getty Images]
 エンゼルスが現地時間20日、インディアンスとのオープン戦で1イニングで4本の三塁打を放つ珍しい記録を打ち立てた。MLB公式サイト『MLB.com』が動画付きで伝えている。

 エンゼルスは4-0で迎えた3回、一死から5番アイバーが一塁線を破る三塁打で追加点のチャンスを作ると、続くクロンもあわやホームランという左中間フェンス直撃の三塁打でチーム5点目を叩き出した。

 さらに犠牲フライで6-0とした二死走者なしから、8番ジアボテラも左中間を深々と破る長打を放つと、相手野手の緩慢な打球処理もあり一気に三塁へ。そして9番カウギルも右中間を破る大飛球を放つと、三塁ベースへ頭から突っ込み打者5人のスパンで4三塁打という快挙が成し遂げられた。

 単純に三塁打が1本出る確率を見ても、2014年のMLBではわずか0.4616%(打者216人に1本)しかない。それがこの試合では1イニング4本。その確率は0.0000000004519%と天文学的な数字だ。この確率を本塁打で換算すると6者連続。三振なら14連続、ヒットなら15連打に匹敵する。

 一方で、3本の打球処理に加担したインディアンスの中堅・ボーンにとっては、屈辱的な一日となってしまった。特に4本目の右中間の打球を処理する動きは、3本目の動きとは雲泥の差。その必死な打球処理にも注目してほしい。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西