ニュース

広島の新助っ人ジョンソンが準完全試合の快投!緒方新監督に初勝利贈る

○ 広島 1 - 0 ヤクルト ●
<2回戦・マツダ>

 広島が菊池涼介のソロ本塁打による虎の子の1点を守り抜き、今シーズン初勝利を挙げた。

 前日の試合は延長11回、4時間26分の戦いの末敗れた広島。ほろ苦い出だしとなった緒方カープを救ったのは、新加入の助っ人左腕だった。

 ツインズから加入したクリス・ジョンソンは、193センチの長身から放たれる速球とキレ味抜群のスライダーで強力ヤクルト打線を翻弄。テンポよく、常にストライク先行の投球で6回まで一人の走者も出さないパーフェクトピッチングを披露する。

 7回に先頭の山田哲人に安打を許し、続く打者の内野ゴロの間に二塁への進塁を許すも、初めてのピンチに動じることなく3番ミレッジをスライダーで空振り三振に斬って取り、4番の雄平は投ゴロで切り抜けた。

 ジョンソンはその後もペースを崩すことなく、9回をわずか105球で投げ切り、1安打無四球の完封勝利。3回の菊池の一発による1点のリードを最後まで守り抜き、いわゆる“準完全試合”で緒方孝市新監督に嬉しい初勝利をプレゼントした。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西