ニュース 2015.04.19. 13:36

オリックス・バリントンが危険球退場 今季3人目、パでは初

オリックス - 西武
<5回戦 ほっともっと神戸>

 オリックス先発ブライアン・バリントンが、2回二死から西武6番・森友哉の頭部付近に死球を当て、危険球で退場となった。

 今シーズンはここまで3試合に登板し、防御率1.96と好投を続けながらも援護に恵まれず。4試合目のこの試合で移籍後初勝利を目指していたが、わずか19球での退場となった。

 危険球退場はDeNAの山口俊、中日の伊藤準規に続いて今シーズン3人目。パ・リーグでは初。

 死球を受けた森は、かすめるようにして抜けていく球だったのが幸いし、死球を受けても倒れこむことなく、避けたあとにすぐ立ち上がれるほど意識はハッキリ。一度ベンチ裏に下がって治療を受けたが、ベンチでは笑顔も見せ、交代することなく一塁へと小走りで向かっていった。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西