ニュース 2015.05.03. 15:50

こどもの日に最も本塁打を放っているチームはどこ?

無断転載禁止
本塁打、打点ランキングでトップに立つ西武の中村剛也©BASEBALLKING
 5月5日はこどもの日。最近10年間で、野球少年、少女たちが憧れるホームランを最も多く放っている球団は西武の17本。中村剛也が2本、中島裕之、和田一浩といったかつて所属していた選手たちも打っている。

 西武に次いで2位にランクインしたのは巨人の14本塁打。10年には小笠原道大、イ・スンヨプ、ラミレス、坂本勇人、阿部慎之助と5本のアーチを描いた。3位は阪神、DeNA(横浜時代を含む)11本となっている。阪神は06年に矢野輝弘が3本塁打、13年には新井貴浩、良太が兄弟で一発を記録している。

 ワーストはロッテと広島の1本。広島は05年のラロッカを最後に本塁打がない。今年こそカープファンの前で、本塁打を放ってほしいところ。

 ちなみに個人だと吉村の4本だ。横浜(現DeNA)時代の06年、08年に1本、12年には2本の本塁打を放った。最近10年間のこどもの日の成績は、7試合に出場して、打率.286、4本塁打10打点。今季はソフトバンク移籍後初めて、こどもの日の一発は飛び出すのだろうか。

チーム別こどもの日本塁打ランキング

1位 西武(17本)
05年:フェルナンデス、高山久、中村剛也(2本)
06年:和田一浩、リーファー
08年:中島裕之、細川亨、GG佐藤
09年:中村剛也
10年:中島裕之、栗山巧、ブラウン
11年:フェルナンデス、浅村栄斗、銀仁朗
13年:坂田遼

2位 巨人(14本)
05年:矢野謙次
06年:イ・スンヨプ、阿部慎之助
07年:イ・スンヨプ、二岡智宏
08年:ラミレス
09年:坂本勇人
10年:小笠原道大、イ・スンヨプ、ラミレス、坂本勇人、阿部慎之助
11年:ラミレス
13年:ロペス

3位 阪神(11本)
05年:金本知憲、今岡誠
06年:矢野輝弘(3本)
10年:新井貴浩、マートン
11年:城島健司
12年:新井貴浩
13年:新井貴浩、新井良太

3位 DeNA(11本)
06年:村田修一、吉村裕基
08年:吉村裕基
09年:ジョンソン(2本)、村田修一
10年:井手正太郎
12年:吉村裕基(2本)
14年:石川雄洋、梶谷隆幸

5位 楽天(9本)
05年:礒部公一、トレーシー
06年:フェルナンデス
09年:セギノール、高須洋介
12年:松井稼頭央
13年:聖沢諒
14年:岡島豪郎

6位 ヤクルト(8本)
06年:ラロッカ、リグス
12年:バレンティン
13年:中村悠平
14年:荒木貴裕(2本)、雄平(2本)

7位 オリックス(7本)
06年:ガルシア、ブランボー、大西宏明
08年:下山真二
10年:T-岡田
13年:バルディリス(2本)

7位 中日(7本)
06年:ウッズ
10年:和田一浩
11年:ブランコ、荒木雅博、和田一浩
12年:福田永将
13年:大島洋平

9位 日本ハム(6本)
06年:稲葉篤紀
07年:田中幸雄、森本稀哲
09年:スレッジ
11年:ホフパワー(2本)

10位 ソフトバンク(3本)
06年:松中信彦
07年:小久保裕紀
09年:田上秀則

11位 ロッテ(1本)
08年:西岡剛

11位 広島(1本)
05年:ラロッカ

こどもの日最多本塁打

吉村裕基(ソフトバンク)
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西