ニュース

ロッテ大嶺祐太、有言実行の2連勝! 弟・翔太とお立ち台「こんな日が来るとは…」

○ ロッテ 11 - 1 西武 ●
<8回戦・QVCマリン>

 ロッテ打線が初回から爆発し、2試合連続の2ケタ得点。投げては先発・大嶺祐が8回1失点と好投し、2戦連続で白星を手にした。

 ロッテは初回、1番清田からの3連打でいきなり先制すると、4番クルーズがレフトへの3ランを放ち4-0。さらに6番デスパイネにも、前の試合から2打席連続となる4号ソロが飛び出し、いきなり5点を先制した。

 3回には2戦連続スタメンの9番大嶺翔が、今季2打点目となるタイムリーをレフトへ運び6-0。ロッテはその後も攻撃の手を緩めず、8回までに13安打で11点を奪った。

 先発の大嶺祐は、初回に3連続四球で一死満塁のピンチを招くも、5番メヒアを併殺に打ち取りピンチ脱出。大量援護を受けた2回以降は打たせて取る投球にシフトし、8回を113球、1失点で乗り切った。

 自身2連勝とした9年目右腕は、「初回はどうなるかと思ったが何とか切り抜けられた」と初回の踏ん張りを勝因に挙げた。またこの日は、クルーズ、弟の大嶺翔とお立ち台に上がり「嬉しい。こんな日が来るとは思っていなかった」と弟とのヒーローインタビューを喜んだ。

 大嶺祐は、初勝利を手にした5月3日(日本ハム戦)のお立ち台で「次もしっかり腕を振って、長いイニングを投げられるように頑張りたい」とコメント。まさしく有言実行のピッチングで、チームに3カードぶりの勝ち越しをもたらした。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西