ニュース 2015.05.31. 17:28

西武・宮田「長かった」 7年目にしてプロ初勝利

○ 西武 9 - 4 阪神 ●
<3回戦・西武プリンスドーム>

 西武が4番中村の逆転弾で昨日に続く連勝。4番手として7回を無失点に抑えた7年目の宮田が、嬉しいプロ初勝利を手にした。

 西武は1-4で迎えた7回、7番木村、8番炭谷の連打で無死二、三塁のチャンスを作ると、9番渡辺がセンターへの犠牲フライを放ち2点差。さらに1番秋山のタイムリーで1点差とすると、続く栗山はじっくりと四球を選び、阪神先発・能見をマウンドから引きずり降ろした。

 阪神2番手の安藤に対し、3番浅村は三振に倒れるも、続く中村が、昨日から2戦3発目となる3ランを左中間スタンドへ運び一気に6-4。この日も4番の一振りで試合を決め、4点差からの大逆転劇を演出した。

 西武は先発・郭俊麟が6回途中4失点で降板するも、この日は救援陣が踏ん張り7回以降は無失点。1-4の7回からマウンドに上がった宮田が1イニングを無失点で凌ぎ、その裏の反撃に繋げた。

 プロ7年目にして初勝利を手にした宮田は、開口一番「長かったです」と安堵の表情。「色々と失敗も多かったけど、今日を迎えられてよかったです」としみじみ語り、本拠地ファンの温かい声援を浴びた。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西