ニュース

突出したソフトバンクの安定感…12球団を交流戦前後で“くらべてみました”

無断転載禁止
交流戦全体勝率トップのソフトバンクは投打に抜群の安定感を誇りました。©BASEBALLKING 
 16日、甲子園で行われた阪神-日本ハムの試合をもって、2015年シーズンのセ・パ交流戦の全日程が終了。パ・リーグが61勝44敗3分と大きく勝ち越し、勝率トップにはソフトバンクが輝いた。

 ふだんと違う相手と、ふだんと違った戦い方で争った3週間の交流戦を経て、各チームはどのように変わっていったのか。ここでは、交流戦前と交流戦後の12球団のデータを比較し、各球団の変化を探った。

 まずは、チーム成績の比較から。見方は「その部門の順位:チーム名・交流戦前 → 交流戦後の成績」となっている。

順位

<パ>
1位:日本ハム(.587) → 日本ハム(.603)
2位:ソフトバンク(.571 → ソフトバンク(.600)
3位:西 武(.545) → 西 武(.567)
4位:ロッテ(.477) → ロッテ(.500)
5位:楽 天(.465) → 楽 天(.492)
6位:オリックス(.362) → オリックス(.385)

<セ>
1位:DeNA(.604) → 巨人(.515)
2位:巨人(.563) → DeNA(.492)
3位:中日(.479) → 阪神(.484)
4位:ヤクルト(.468)→ ヤクルト(.469)
5位:阪神(.457) → 中日(.462)
6位:広島(.422) → 広島(.444)

 大きく勝ち越したパは順位に変動なく、4位のロッテまでが勝率5割。楽天も借金1まで減らしている。一方のセはリーグで唯一交流戦を勝ち越した阪神が3位に浮上。中日は5位まで後退した。

 とはいえ、セは2位以下がすべて5割を割っているという大混戦で、首位の巨人から3位の阪神までは2ゲーム差。最下位の広島も首位とはまだ4.5ゲーム差と、全チームにチャンスがある団子状態。果たして、リーグ戦再開後に抜け出すのは…?

チーム打率/得点

<パ>
1位:ソフトバンク .264 / 194点 → ソフトバンク .271 / 284点
2位:西 武 .262 / 187点 → ロッテ .269 / 269点
3位:ロッテ .262 / 183点 → 西 武 .265 / 259点
4位:日本ハム .251 / 198点 → 日本ハム .254 / 280点
5位:オリックス .249 / 175点 → オリックス .247 / 242点
6位:楽 天 .245 / 150点 → 楽 天 .243 / 215点

<セ>
1位:中日 .268 / 165点 → 中日 .262 / 217点
2位:DeNA .260 / 183点 → DeNA .260 / 242点
3位:広島 .258 / 167点 → 広島 .259 / 246点
4位:ヤクルト .240 / 145点 → ヤクルト .246 / 228点
5位:巨人 .236 / 150点 → 巨人 .238 / 210点
6位:阪神 .226 / 137点 → 阪神 .229 / 194点

 ソフトバンクが交流戦期間中にチーム打率を7厘上昇させ、得点も90点を積み上げ。セのチームを相手に猛威を振るった。その他ではロッテが1ランクアップ。

チーム防御率/失点

<パ>
1位:ソフトバンク 3.22 / 162点 → ソフトバンク 3.13 / 221点
2位:日本ハム 3.35 / 174点 → 楽 天 3.16 / 240点
3位:楽 天 3.45 / 184点 → 日本ハム 3.33 / 246点
4位:西 武 3.59 / 191点 → オリックス 3.36 / 238点
5位:オリックス 3.64 / 191点 → 西 武 3.55 / 251点
6位:ロッテ 4.15 / 191点 → ロッテ 4.36 / 281点

<セ>
1位:巨人 2.57 / 135点 → 巨人 2.67 / 193点
2位:ヤクルト 2.77/ 146点 → 中日 3.02 / 224点
3位:広島 2.83 / 142点 → 広島 3.15 / 221点
4位:中日 2.85 / 155点 → ヤクルト 3.21 / 229点
5位:DeNA 3.18 / 173点 → DeNA 3.59 / 266点
6位:阪神 3.87 / 196点 → 阪神 3.88 / 276点

 投手部門で苦戦が目立ったのがヤクルト。交流戦前までは2点台を誇っていたチーム防御率が、一気に3.21にまで悪化した。また、両リーグで唯一のチーム防御率4点台だったロッテも、交流戦でさらに数字を悪くしている。

 その他、個人の成績の比較は投打別にして以下にまとめた。両リーグとも抜け出す選手なく混迷を極める最多勝争いや、上位2人がハイレベルすぎるパの首位打者争いなどなど、ここからリーグ戦再開後、熾烈な個人の戦いにも注目だ。

個人主要成績・投手

● 防御率
<パ>
1位:ディクソン(オ) 1.44 → ディクソン 1.28
2位:大谷翔平(日) 1.66 → 大谷翔平 1.66
3位:十亀 剣(西) 2.02 → 大隣憲司(ソ)2.54

<セ>
1位:菅野智之(巨) 1.55 → 菅野智之 1.58
2位:前田健太(広) 1.75 → 大野雄大 1.61
3位:大野雄大(中) 1.83 → 前田健太 2.01

● 勝利数
<パ>
1位:大谷 翔平(日) 6勝 → 大谷翔平 8勝
2位:ディクソン(オ) 5勝 → ディクソン 7勝
2位:涌井 秀章(ロ) 5勝 → 野上亮磨(西)6勝
2位:吉川 光夫(日) 5勝 → 吉川光夫 6勝
2位:スタンリッジ(ソ) 5勝 → スタンリッジ 6勝
2位:イ・デウン(ロ) 5勝 → イ・デウン 6勝

<セ>
1位:高木勇人(巨) 6勝 → 大野雄大 7勝
2位:菅野智之(巨) 5勝 → 菅野智之 6勝
2位:大野雄大(中) 5勝 → 高木勇人 6勝
2位:ポレダ (巨) 5勝 → 黒田博樹(広)6勝
2位:杉内俊哉(巨) 5勝

● 奪三振
<パ>
1位:則本昂大(楽) 68個 → 則本昂大 88個
2位:大谷翔平(日) 56個 → 大谷翔平 88個
3位:武田翔太(ソ) 50個 → 西勇輝(オ)74個

<セ>
1位:山口 俊(De) 62個 → 藤浪晋太郎 88個
2位:杉内俊哉(巨) 58個 → 前田健太 77個
3位:藤浪晋太郎(神)57個 → 山口俊 77個

● セーブ数
<パ>
1位:高橋朋己(西) 14個 → 高橋朋己 19個
2位:増井浩俊(日) 11個 → 増井浩俊 18個
3位:松井裕樹(楽) 10個 → 松井裕樹 16個
3位:サファテ(ソ) 10個 → 西野勇士 16個
3位:西野勇士(ロ) 10個

● 打率
<パ>
1位:柳田悠岐(ソ) .356 → 柳田悠岐 .376
2位:秋山翔吾(西) .347 → 秋山翔吾 .370
3位:中村 晃(ソ) .331 → 清田育宏(ロ).344

<セ>
1位:筒香嘉智(De) .331 → ルナ .345
2位:梶谷隆幸(De) .327 → 筒香嘉智 .329
3位:ル ナ (中) .326 → 川端慎吾 .323

● 本塁打
<パ>
1位:中田 翔(日) 16本 → 中田翔 20本
2位:李 大浩(ソ) 11本 → 中村剛也 19本
2位:松田宣浩(ソ) 11本 → 松田宣浩 17本
2位:クルーズ(ロ) 11本 → 李大浩 16本
2位:中村剛也(西) 11本

<セ>
1位:筒香嘉智(De) 11本 → 畠山和洋 18本
2位:畠山和洋(ヤ) 9本 → ロペス 12本
3位:ロペス (De) 7本 → 筒香嘉智、山田哲人(ヤ)11本

● 打点
<パ>
1位:中村剛也(西) 42点 → 中村剛也 61点
2位:クルーズ(ロ) 40点 → 中田翔 58点
2位:中田 翔(日) 40点 → クルーズ 49点

<セ>
1位:筒香嘉智(De) 40点 → 畠山和洋 47点
2位:畠山和洋(ヤ) 27点 → 筒香嘉智 41点
3位:ロペス (De) 23点 → ロペス 34点
3位:ゴメス (神) 23点
3位:バルディリス(De) 23点
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西