ニュース 2015.06.18. 19:46

巨人・内海、二軍戦で6回3失点 長野、村田は揃って無安打

● 巨人 2 - 4 DeNA ○
<イースタン・リーグ>

 一軍復帰を目指す巨人の内海哲也が18日、イースタンリーグのDeNA戦に先発し、6回3失点で負け投手となった。

 内海は2-0で迎えた4回、4番宮崎にライトへの2ランを打たれ2-2の同点に追いつかれると、6回は一死一、三塁から、5番赤堀にレフトへのタイムリーを打たれ、3点目を失った。

 この日は6回108球を投げ、8安打、2奪三振の内容で3失点。ピンチで2併殺を奪うなど大崩れこそしなかったが、一軍復帰を目指すには物足りない内容だった。

 打線では長野と村田を3、4番に並べるも、揃って3打数無安打。一方、日本ハムからトレード加入した北が、2回に豪快な先制2ランをマーク。救援登板で1回を無失点に抑えた矢貫とともに、一軍昇格をアピールした。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西