ニュース

かつての三冠王も…二軍暮らしから抜け出せない大物たち

無断転載禁止
平成唯一の三冠王も二軍で汗を流す日々が続くソフトバンクの松中信彦 ©BASEBALLKING
 プロ野球界では大谷翔平(日本ハム)、森友哉(西武)、山田哲人(ヤクルト)など若手の台頭が目立っている。その一方で、00年代に活躍したベテラン選手たちが、一軍で活躍の場を失い二軍暮らしから抜け出せない大物選手が増えている。

 平成唯一の三冠王・松中信彦(ソフトバンク)は、今季ここまで一軍での出場なし。今年の12月で42歳を迎える大ベテランは、二軍が主戦場となっている。若手に混じって汗を流す松中は二軍で、ここまで46試合に出場して、打率.303、6本塁打22打点の成績を残す。10日に行われた中日との二軍戦では、代打で途中出場し、2打席目にライトへソロ本塁打を放つなど昇格に向け、アピールを続ける。

 06年から9年連続で規定投球回登板を継続中の内海哲也(巨人)も、二軍で調整中。昨季まで先発ローテーションの一角を担っていたが、今季は開幕前に左前腕部の炎症のため出遅れる。6月5日のソフトバンク戦で一軍復帰するも、4回途中5失点でノックアウト。

 再び二軍で調整することになったが、その二軍でも9試合に登板しているが、1勝4敗、防御率3.06と圧倒的な存在感を示せていない。14日に行われたヤクルトとの二軍戦では、打撃投手から育成選手となった阿部健太にタイムリーを打たれるなど、7回2失点で敗戦投手になった。前半戦はほとんど戦力になれなかったが、後半戦一軍のマウンドに上がるチャンスは巡ってくるだろうか。

 また、二軍で出場機会を失っている選手もいる。栗原健太(広島)は、かつて広島の4番を任されていたが、右肘の故障や打撃不調に悩まされ、13年の5月を最後に一軍出場はない。二軍でもスタメン出場はほとんどなく、今季はここまで20試合に出場して、打率.107と精彩を欠いている。

かつて一軍で活躍した選手たちの今季成績

松中信彦(ソフトバンク)
二軍成績:46試 率.303 本6 点22
一軍成績:出場なし

内海哲也(巨人)
二軍成績:9試 1勝4敗1S 防3.06
一軍成績:1試 0勝1敗 防13.50

栗原健太(広島)
二軍成績:20試 率.107 本0 点1
一軍成績:出場なし

西口文也(西武)
二軍成績:10試 2勝0敗 防3.00
一軍成績:1試 0勝1敗 防9.00

井川慶(オリックス)
二軍成績:5試 0勝4敗 防20.45
一軍成績:出場なし

高橋尚成(DeNA)
二軍成績:7試 3勝1敗 防1.26
一軍成績:1試 0勝1敗 防9.00

成績は7月14日終了時点
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西