ニュース 2015.07.15. 21:53

就任4年目で初の5割&首位ターン 大興奮の中畑監督「勝った!凄いね!」

○ DeNA 3x - 2 巨人 ●
<13回戦・横浜>

 DeNAが劇的なサヨナラ勝ちで前半戦を4連勝締め。勝率5割復帰と同時に、2位・阪神も敗れたため、1998年以来となる首位ターンを決めた。

 突然降り出した大雨が、劇的なサヨナラ劇を演出した。DeNAは2-2で迎えた9回裏、途中出場の飛雄馬が四球を選び出塁すると、1番梶谷が内野安打で繋ぎ無死一、二塁。その後、送りバント失敗などで二死満塁となったが、最後は5番ロペスの打球を巨人のサード・村田が後逸し、節目の試合をサヨナラ勝利で飾った。

 前半戦を42勝42敗1分で終えたDeNAは、同42勝43敗1分の巨人、同41勝42敗1分の阪神を抜き、リーグ首位で後半戦を迎えることになった。

 勝利投手は9回を無失点に抑えた山崎康。今季2勝目(2敗23セーブ)を手にした守護神は「苦労しましたけど何とか首位ということで、休み明けも頑張ります!」と語り、本拠地ファンの大歓声を受けた。

 中畑監督は試合後「思い出せないんだけど…」と、しばし放心状態。その後「勝った!凄いね! みんなの執念が乗り移った最後(ロペス)の打球だった。凄いサヨナラだと思います!」といつものテンションを取り戻した。

 指揮官は続けて「砂田が我慢して投げ切ってくれた。成長だね」と、勝利こそならなかったものの、7回2失点と好投した19歳左腕を絶賛。さらに「筒香のプレーも大きかった。あれがサヨナラに繋がったね」と、7回表に勝ち越しのピンチを阻止したレフト・筒香の好返球も勝因に挙げた。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西