ニュース

【高校野球】数カ月前までは中学生…ベンチ入りした1年生、今年は何人?

 毎日熱戦が続く夏の甲子園。今年の大会で最も注目を浴びている選手といえば、早稲田実(西東京)の怪物1年生・清宮幸太郎だ。

 “都の名門”でいきなりレギュラーを勝ち取った清宮は、地区大会で20打数の10安打、打率5割で10打点を叩き出す大暴れ。チーム5年ぶりの甲子園出場に貢献した。

 184センチ・97キロの体格に加え、試合での落ち着き払った素振りから1年生であることを忘れてしまうが、冷静になって考えてみると、彼はほんの数カ月前までは中学生だったのだ。

 清宮以外にも、高校に入学してから初めての夏休みを甲子園で過ごしている選手というのは大勢いる。調査してみたところ、今年は49代表で30人の1年生が背番号をもらい、ベンチ入りを果たしていた。

 最も多かったのは、天理(奈良)で4人。中でも神野太樹はひと桁の「9」を背負い、「8番・ライト」で先発出場も果たしている。

 その他にも、早くも4番を任されている九州学院(熊本)の村上宗隆や、2回戦・広島新庄戦で終盤3イニングをリリーフし、1失点で試合を締めた早実の服部雅生など、大舞台でいきなり存在感を放つ選手が見られた。

 怖いもの知らずで突き進む…。高校1年目の夏を聖地で過ごす“ルーキー”たちの活躍に注目だ。


【背番号をもらった1年生】

・北海(南北海道)
11 多間隼介

・三沢商(青森)
16 駒沢慶裕
17 鎌本周

・花巻東(岩手)
18 山口澪也

・仙台育英(宮城)
15 西巻賢二

・霞ヶ浦(茨城)
4 益子侑也
14 木村翔大

・早稲田実(西東京)
3 清宮幸太郎
18 服部雅生

・上田西(長野)
10 工藤陽平
17 和久滉矢

・東海大甲府(山梨)
12 亀田啓太

・岐阜城北(岐阜)
18 上野貴翔

・高岡商(富山)
15 鏡内亮

・比叡山(滋賀)
17 井本大悟

・天理(奈良)
9 神野太樹
14 城下力也
15 山口乃義
18 杉下海士

・智弁和歌山(和歌山)
13 加藤諒

・石見智翠館(島根)
17 中尾夏輝
18 安藤颯

・鳴門(徳島)
5 武石蓮

・今治西(愛媛)
10 金本遼
15 村上幹英

・龍谷(佐賀)
12 矢野駿典
15 松尾泰起

・九州学院(熊本)
3 村上宗隆
10 藤嶽佑大

・明豊(大分)
13 杉園大樹
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西