ニュース

【高校野球】早実・清宮はどうなる?高1で出場した甲子園1回戦の打撃成績は…

無断転載禁止
1年夏から甲子園に出場した松井秀喜氏 [Getty Images]
 8月6日から『第97回 全国高校野球選手権大会』が開幕した。注目の1年生・清宮幸太郎が在学する早稲田実業(西東京)は、8日の第1試合で今治西(愛媛)と対戦する。甲子園で大暴れすると公言してきた清宮の甲子園デビューが近づいている。そこで、1年生から甲子園に出場した大物打者たちの甲子園1回戦の打撃成績を見ていきたい。

 1年生からPL学園の4番を任された清原和博は、1回戦所沢商業(埼玉)と対戦。甲子園初出場となった清原は、3打数0安打デビュー。2回戦の中津工戦も4打数0安打と、初出場の緊張からなのか、3回戦の東海大一戦まで1本も安打を放つことができなかった。

 清原と同じく、高1から4番に座り、高3夏の甲子園では2回戦の明徳義塾戦で5打席連続敬遠を受けた松井秀喜も、1年夏に甲子園出場を果たしている。1回戦の日大鶴ケ丘戦で3打数0安打に抑え込まれ、初めての甲子園はホロ苦いデビューとなった。

 清原、松井は初出場となった甲子園で無安打に終わったが、05年大阪桐蔭の中田翔は、『5番・一塁』で先発出場すると、1回戦の春日部共栄戦で5打数4安打と大暴れ。同点で迎えた7回の第4打席ではレフトスタンドに飛び込む勝ち越し本塁打を放った。投げてもエース・辻内崇伸の後を受けて5回途中からリリーフ登板し、4回1/3を1失点に抑えている。

 大会前から注目を集める清宮幸太郎は明日の1回戦、どんな活躍を見せてくれるのか注目だ。

清原、松井、中田の甲子園1回戦成績

清原和博(PL学園)83年
1回戦成績:3打数0安打

松井秀喜(星稜)90年
1回戦成績:3打数0安打

中田翔(大阪桐蔭)05年
1回戦成績:5打数4安打 1本塁打 3打点
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西