ニュース

最近10年間で監督変更が多いチームは?

無断転載禁止
今季途中までオリックスの監督を務めていた森脇浩司氏 [BASEBALLKING]
 リーグ優勝、CSを争っているが、早くも来季の監督問題が話題になっている。そこで、最近10年間の各球団の監督変更事情を見ていきたい。

 最も監督変更が多かったのはオリックス。06年に就任した中村勝広監督は、シーズン5位という成績に終わり、同年限りで辞任。07年からコリンズが監督を務めるも、08年途中に辞任し、大石大二郎ヘッドコーチが一軍監督代行に就任。チームをAクラスに導いたこともあり、09年から監督となったが、成績不振を理由に監督解任。その後、岡田彰布、森脇浩司が監督を務め、15年途中から福良淳一が監督代行となっている。

 一方、監督変更が少なかったのが巨人。06年から原辰徳監督が務めている。1年目の06年こそBクラスに終わったが、07年からの8年間は全てAクラス。その間、07年から09年にかけて3連覇、12年から3連覇中だ。今季は貧打に喘いでいるが、首位阪神と2ゲーム差の3位に位置している。

 2006年からの10年間の各球団の監督は以下の通り

●オリックス[6人]
中村勝広 06年
コリンズ 07年~08年途
大石大二郎 08年途~09年
岡田彰布 10年~12年
森脇浩司 13年~15年途
福良淳一 15年途

●DeNA[5人]
牛島和彦 ~06年
大矢明彦 07年~09年途
田代富雄 09年途~09年
尾花高夫 10年~11年
中畑清 12年~

●西武[4人]
伊東勤 ~07年
渡辺久信 08年~13年
伊原春樹 14年途
田辺徳雄 14年途~

●楽天[4人]
野村克也 06年~09年
ブラウン 10年
星野仙一 11年~14年
大久保博元 15年~

●ヤクルト[4人]
古田敦也 06年~07年
高田繁 08年~10年途
小川淳司 10年途~14年
真中満 15年~

●ソフトバンク[3人]
王貞治 ~08年
秋山幸二 09年~14年
工藤公康 15年~

●日本ハム[3人]
ヒルマン ~07年
梨田昌孝 08年~11年
栗山英樹 12年~

●ロッテ[3人]
バレンタイン ~09年
西村徳文 10年~12年
伊東勤 13年~

●阪神[3人]
岡田彰布 ~08年
真弓明信 09年~11年
和田豊 12年~

●広島[3人]
ブラウン 06年~09年
野村謙二郎 10年~14年
緒方孝市 15年~

●中日[3人]
落合博満 ~11年
高木守道 12年~13年
谷繁元信 14年~

●巨人[1人]
原辰徳 06年~

※病気療養などの一時的な監督代行は含まない。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西