ニュース

阪神、サヨナラで単独首位キープ マートンが意地の一振り!

○ 阪神 4x - 3 巨人 ●
<21回戦・甲子園>

 阪神が劇的なサヨナラ勝ちで単独首位をキープ。延長11回、マートンが左中間へ決勝タイムリーを運び、宿敵・巨人とのゲーム差を3に広げた。

 阪神先発の藤浪は、ピンチを作りながらも初回、2回と無失点投球。3回は初めて三者凡退に抑え波に乗るかと思われたが、1点リードの4回に二死一、三塁のピンチを招くと、打ち取った何でもないピッチャーゴロを一塁へ悪送球し、思わぬ形で同点に追いつかれてしまった。

 5回、6回は無失点で凌ぐも7回、二死から3番坂本に四球を与えると、続く阿部には直球を続けたところを狙い打たれ、一発で勝ち越し点を許した。

 打線は2回、巨人先発のマイコラスに対し下位打線がチャンスメイクすると、1番鳥谷のセカンドゴロの間に先制。2点を追う7回は5番ゴメスのタイムリー二塁打で1点を返すと、7番伊藤隼も犠牲フライで続き、すかさず同点に追いついた。

 阪神は2番手以降の福原、呉昇桓、安藤が揃って好救援。呉昇桓は9回に無死三塁の大ピンチを作ったが、巨人打線を力勝負でねじ伏せ勝ち越し点を許さなかった。

 3-3の11回は、1番鳥谷のヒットと送りバントで一死二塁としたあと、8回の好機で併殺打に倒れたマートンが意地のサヨナラ打。ズブ濡れでお立ち台に上がった助っ人は、「マイコラス、山口にはやられたけど、打席での感覚は良かった。自分自身を信じていた」と劇的一打に胸を張った。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西