ニュース

MLB組が不参加のプレミア12 元メジャーリーガーたちが奮闘中!

無断転載禁止
13年のWBCにも出場したオランダ代表のアンドリュー・ジョーンズ[Getty Images]
 11月8日「世界野球プレミア12」が開幕した。メジャー組は不参加だが、元メジャーリーガーたちが参加している。

 日本で馴染み深いのは、13年から2年間楽天でプレーしたオランダ代表のジョーンズだろう。ジョーンズはメジャー時代の05年には51本塁打128打点を記録し、本塁打王と打点王のタイトルを獲得。守備では98年から07年まで10年連続でゴールドグラブ賞を受賞するなど、高い守備力を誇った。

 楽天に移籍してからは13年に4番打者として、26本塁打94打点の成績を残し球団初の日本一に大きく貢献。また、選球眼が良く日本時代は2年連続でリーグ最多の四球を選んだ。

 今大会は、ここまで3試合に出場して打率.273、2打点の成績。コールド勝ちした12日のイタリア戦では2回、二死二、三塁のチャンスでレフトへ2点タイムリーを放った。4番バレンティンの前を打つ3番打者として、きっちりと役割を果たしている。

 メジャー通算156勝を挙げたフレディ・ガルシアは、ベネズエラ代表で出場している。ガルシアはマリナーズ時代に、イチローや佐々木主浩といった日本人選手とプレーし、01年から3年連続二ケタ勝利を達成。その後、ホワイトソックス、ヤンキースなどに所属し、14年は台湾の義大、15年はメキシカンリーグでプレー。

 8日に開幕したプレミア12では、初戦のメキシコ戦に先発。勝敗は付かなかったが、7回途中6安打3失点と最低限の投球を披露した。

 その他、ベネズエラ代表にメジャー通算132本を放ったフアン・リベラ、ドミニカ共和国代表にマリナーズやマーリンズに所属していたミゲル・オリーボなどの元メジャー組が参加している。

【主な元メジャー組のプレミア12成績】
アンドリュー・ジョーンズ
今大会成績:3試 率.273 本0 点2

フレディ・ガルシア
今大会成績:1試 0勝0敗 防4.26

フアン・リベラ
今大会成績:3試 率.400 本0 点1

ミゲル・オリーボ
今大会成績:3試 率.167 本0 点0
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西