ニュース 2015.12.02. 16:00

脇谷が巨人へ…過去にもあった西武から他球団へのFA移籍

無断転載禁止
巨人へFA移籍する脇谷亮太 [BASEBALLKING]
 西武からFA宣言した脇谷亮太が2日、古巣巨人への移籍が決まった。12球団でFAによる流出が多い西武。今回、脇谷の移籍で14人目の流出となった。

 これまでに西武は94年オフにダイエーへ移籍した工藤公康、石毛宏典の2人を始め、清原和博、和田一浩、涌井秀章などが他球団へ移籍。松井稼頭央、中島裕之は日本国内ではなく、活躍の舞台をメジャーに移し、土肥義弘はFA宣言して米国の独立リーグでプレーした。

 また、脇谷のように西武から巨人へのFA移籍は4人いる。初めて巨人へFA移籍したのは、96年オフの清原。当時阪神も獲得に乗り出していたが、清原はドラフトの時に熱望していた巨人へ。移籍後は故障で苦しんだが、01年には自己最多の121打点をマークした。

 2人目は西武時代に守護神を務めていた豊田清。当時抑えを課題にしていた巨人からのラブコールを受け移籍した。巨人加入後は抑え失敗が続き中継ぎに転向。それでも、07年からの3連覇にセットアッパーとして大きく貢献した。

 そして3人目は片岡治大。仁志敏久以降、固定できなかったセカンドのレギュラーとしての期待を受け入団した。打撃不振などで思うような働きをできていないが、来季巨人加入3年目を迎える。

 FAによる流出が多い西武だが、近年はFA権取得間近の選手に対して、複数年契約を結ぶなどしている。現在レギュラーで活躍している若手や中堅選手たちが数年後FA権を取得した時に、FAによる流出を避けることができるだろうか。

FAで西武から他球団へ移籍した選手

【94年オフ】
工藤公康(西武 → ダイエー)
石毛宏典(西武 → ダイエー)

【96年オフ】
清原和博(西武 → 巨人)

【03年オフ】
松井稼頭央(西武 → メッツ)

【05年オフ】
豊田清(西武 → 巨人)

【07年オフ】
和田一浩(西武 → 中日)

【10年オフ】
土肥義弘(西武 → 米独立リーグ)
細川亨(西武 → ソフトバンク)

【11年オフ】
許銘傑(西武 → オリックス)
帆足和幸(西武 → ソフトバンク)

【12年オフ】
中島裕之(西武 → アスレチックス)

【13年オフ】
片岡治大(西武 → 巨人)
涌井秀章(西武 → ロッテ)

【15年オフ】
脇谷亮太(西武 → 巨人)

【PR】埼玉西武ライオンズを観戦するなら「DAZN Baseball」

就任2年目の松井稼頭央監督は髙橋光成、今井達也、平良海馬、隅田知一郎ら充実の投手陣と足を絡めた攻撃にさらに磨きをかけ5年ぶりのリーグ制覇を目指す!

「DAZN Baseball」とは、月額2,300円(税込)でDAZNのプロ野球コンテンツをすべて楽しめるプランです(月々払いの年間プランのみ)。

プロ野球だけを楽しみたい方は、月額4,200円(税込)のDAZN Standard​よりも1,900円お得に視聴できます。

POINT

ペナントシリーズ、交流戦、CSまで余さず堪能できる!

② オフシーズンもドキュメンタリーやバズリプレイなどコンテンツが充実!

毎月2,300円でライブ配信・見逃し配信・ハイライトまで視聴可能!

楽天モバイルなら追加料金ゼロで
パ・リーグが楽しめる!【PR】

楽天モバイル パ・リーグSpecial

楽天モバイルに申し込み「Rakuten最強プラン」を契約すると、公式戦やオリジナル番組を追加料金0円で楽しめます。携帯キャリアを乗り換えず、「デュアルSIM」としての契約もおすすめ。パ・リーグをお得に観戦できるチャンスをお見逃しなく。

POINT

① パ・リーグ主催の公式戦・オリジナル番組が見放題!

② 見逃し配信にも対応! スマホやTVなど好きなデバイスで視聴可能!

③ キャリア乗換不要。お得で手軽な「デュアルSIM」契約もオススメ!

ポスト シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西

メジャーリーグ

高校・育成