ニュース 2015.12.05. 15:40

韓国代表ファン・ジェギュン、入札なくメジャー断念…どうなる?李大浩と呉昇桓

無断転載禁止
ポスティングも入札なく、メジャー挑戦は断念することになったファン・ジェギュン[Getty images]
 ポスティングシステムを利用してのメジャー挑戦を目指していた韓国代表三塁手ファン・ジェギュンであったが、期限までに獲得を申し出る球団が現れなかったことが明らかとなった。

 韓国メディア『聯合ニュース』によると、現地時間4日(日本時間5日)にメジャーリーグ事務局から選手が所属するロッテ・ジャイアンツの元へ入札がなかった旨が通達されたという。

 ファン・ジェギュンは、韓国ロッテ・ジャイアンツに所属する28歳の三塁手。11月に行なわれた野球の国際大会「プレミア12」でも韓国代表の正三塁手として活躍し、大会のベストナインに選出。優勝に大きく貢献した。

 実は、もともと今オフのメジャー挑戦は叶うはずではなかったファン・ジェギュン。というのも、韓国ではポスティングシステムを利用して移籍できるのはその年1球団に1人までというルールがあり、ロッテからは外野手のソン・アソプが先にポスティングでのメジャー挑戦を行うことが決まっていたのだ。

 ところが、ソン・アソプに入札するメジャー球団は現れず、急転直下でファン・ジェギュンのポスティング利用許可が下った。思わぬ形でチャンスが回ってきたファン・ジェギュンであったが、残念ながら今回も獲得を希望する球団は現れず。今オフのロッテからは2人がメジャー移籍を希望しながら、2人とも断念して戻ってくるという結果となってしまった。

 今シーズンはパイレーツに入団したカン・ジョンホが大活躍を見せ、このオフには韓国最強スラッガーの呼び声高いパク・ビョンホ(ネクセン)がツインズと4年契約で合意。アメリカで韓国選手バブルの到来!?とも囁かれていたが、ここに来て2人連続で移籍話が破談に終わった。

 こうなるとより注目が集まるのが、日本球界からメジャー挑戦の噂があるソフトバンクの李大浩と阪神・呉昇桓。果たして、2人はどんな決断を下すのか…。今後の動向から目が離せない。

ファン・ジェギュン

・1987年7月28日(28歳)
・三塁手
・右投右打
[今季成績] 144試 率.290(534-155) 本26 点97
[プレミア] 8試 率.276(29-8) 本2 点3
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西