ニュース

ザガースキー、マイコラス…インパクトを残した助っ人は?

無断転載禁止
今季広島でプレーしたザガースキー(写真はダイヤモンドバックス時代)[Getty images]
 今年は成績、風貌などインパクトを残した助っ人が多くいた。

 今季広島でプレーしたザガースキーがその一人。ぽっちゃり体型で愛嬌があり、ファンからの人気も高く、ネットでは春季キャンプ前から元ロッテの里崎智也氏に顔が似ているなど注目を集めた。プレー面では、貴重な左のリリーフとして防御率2.40の成績を残すも、外国人枠の関係もあり登板数は19試合にとどまった。

 球団からは来季の契約を結ばないことを通達され、わずか1年で退団。ファンから愛されるキャラクターだったことに加え、一軍でも一定の成績を残していたことを考えると、無念の退団となった。

 キャラクターでいえば、巨人に途中入団したフランシスコも負けてはいない。フランシスコは、貧打に喘ぐチームの救世主としてかなりの期待を受けて入団した。来日初出場となった5月2日阪神戦で殊勲打を放つも、18打席に立って11三振。守備でもお粗末なプレーを連発。5月の上旬に二軍落ちすると、7月に腰痛治療のためドミニカ共和国に一時帰国するなど、お騒がせ助っ人だった。

 成績では、ジョンソン(広島)とマイコラス(巨人)の2人は来日1年目からタイトルを獲得。ジョンソンはデビュー戦となった3月28日ヤクルト戦で、1安打完封で来日初勝利をマーク。その後も先発ローテーションを守り、14勝7敗、防御率1.85を記録し、最優秀防御率に輝いた。

 マイコラスの来日初白星は5月28日の西武戦と遅かったが、6月20日の中日戦から一度も敗れることなく10連勝。終わって見れば、13勝3敗、防御率1.92。勝率はリーグトップの.813をマークし、最高勝率のタイトルを獲得した。

 その他、寿司ポーズで人気を集め、チームトップの34本塁打を記録したレアード(日本ハム)、フランシスコと同じように途中入団したカステヤーノス(巨人)は、入団してすぐに婚約者の出産に立ち会うため一時帰国するなどインパクトを残した。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西