ニュース 2016.01.07. 10:00

3連覇を目指すソフトB 二塁のレギュラーは誰が掴む?

無断転載禁止
レギュラー再定着を目指すソフトバンクの本多雄一
 昨季2年連続で日本一を達成したソフトバンクは、今季3連覇を目指す。レギュラーが固定されているポジションは多いが、「捕手」と「二塁手」はレギュラーが決まっていない状況だ。

 中でも、二塁手のレギュラー争いが注目。10年から2年連続で盗塁王に輝くなど本多雄一が長年、レギュラーポジションを守ってきた。しかし、昨季4月12日の日本ハム戦で右足首を痛め負傷離脱。離脱後に明石健志、川島慶三などが活躍したため、復帰後は出場機会が減少。レギュラーを争う立場になっている。故障以外にも打撃で苦しむ場面が多く、レギュラー再定着に向け、打撃力アップがカギとなりそうだ。

 明石は昨季、一塁手と二塁手の両方をこなしたが、日本シリーズでは二塁手で先発出場した。昨年12月に行われた契約更改の席では「あそこで頑張ります。激戦区を自分でくぐり抜けたい」とポジションを明言しなかったが、二塁でレギュラーを勝ち取るつもりだ。

 また、川島は昨季77試合に出場して、打率.274、2本塁打20打点の成績を残した。本多と明石の2人は左打者だが、川島は右打者。対右投手の打率は.242(95打数20安打)だったが、左投手のときには、打率.323(62打数20安打)を記録している。右投手を打てるようになれば、レギュラーに近づきそうだ。

 本多、明石、川島の3人を中心に二塁手のレギュラーを争うことになっていきそうだが、この3人以外にも名乗りを挙げる選手が出てくることになれば、さらに競争が激しくなる。

二塁手のレギュラー候補の昨季成績

本多雄一
昨季成績:61試 率.228 本0 点4

明石健志
昨季成績:115試 率.263 本3 点30

川島慶三
昨季成績:77試 率.274 本2 点20

【PR】福岡ソフトバンクホークスを観戦するなら「DAZN Baseball」

小久保裕紀新監督のもと、王座奪還を狙うソフトバンク。柳田悠岐、近藤健介に新戦力の山川穂高を擁する強力打線で常勝チームへの復活を目指す!

「DAZN Baseball」とは、月額2,300円(税込)でDAZNのプロ野球コンテンツをすべて楽しめるプランです(月々払いの年間プランのみ)。

プロ野球だけを楽しみたい方は、月額4,200円(税込)のDAZN Standard​よりも1,900円お得に視聴できます。

POINT

ペナントシリーズ、交流戦、CSまで余さず堪能できる!

② オフシーズンもドキュメンタリーやバズリプレイなどコンテンツが充実!

毎月2,300円でライブ配信・見逃し配信・ハイライトまで視聴可能!

楽天モバイルなら追加料金ゼロで
パ・リーグが楽しめる!【PR】

楽天モバイル パ・リーグSpecial

楽天モバイルに申し込み「Rakuten最強プラン」を契約すると、公式戦やオリジナル番組を追加料金0円で楽しめます。携帯キャリアを乗り換えず、「デュアルSIM」としての契約もおすすめ。パ・リーグをお得に観戦できるチャンスをお見逃しなく。

POINT

① パ・リーグ主催の公式戦・オリジナル番組が見放題!

② 見逃し配信にも対応! スマホやTVなど好きなデバイスで視聴可能!

③ キャリア乗換不要。お得で手軽な「デュアルSIM」契約もオススメ!

ポスト シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西

メジャーリーグ

高校・育成