ニュース

【センバツ】ベスト4入りを懸けた準々決勝4試合! 大会9日目の試合予定

無断転載禁止
第88回選抜高校野球大会・28日の予定
 第88回選抜高校野球大会は大会9日目。2回戦が終了し、28日はベスト4進出を懸けた準々決勝4試合が行われる。

 第1試合は、智弁学園(奈良)と滋賀学園(滋賀)の“近畿勢”対決。智弁学園はエースの村上が18イニングを投げて失点はわずかに1。抜群の安定感を誇る。対する滋賀学園は、1回戦の桐生第一(群馬)、2回戦の釜石(岩手)ともに9得点を挙げ、勝ち進んできた。“投”の智弁学園、“打”の滋賀学園。どちらがベスト4入りするか注目だ。

 第2試合は、龍谷大平安(京都)と明石商(兵庫)が対戦する。第1試合と同じく、“近畿勢”の対決となった。龍谷大平安は1回戦の明徳義塾戦(高知)は橋本、岡田の連続ソロが飛び出すなど7-1で勝利。2回戦の八戸学院光星(青森)との一戦では2得点しか奪えなかったが、エースの市岡が完封勝ちしている。

対する初出場の明石商は、2回戦で大会前に優勝候補と呼ばれた東邦(愛知)に3-0で勝利。甲子園で成長を見せる明石商は、龍谷大平安を倒し、ベスト4進出を目指す。
 
 第3試合は、木更津総合(千葉)と秀岳館(熊本)が激突。木更津総合は2回戦で、大阪桐蔭(大阪)のエース・高山から4点を挙げると、投げては早川が9回1失点の完投。関東勢、唯一勝ち上がっている木更津総合のベスト4入りに期待がかかる。

 一方、秀岳館は2回戦の南陽工(山口)戦で、初回に一挙8点を挙げると、その後も攻撃の手を緩めず、今大会最多の16得点を奪い大勝。強打の秀岳館打線が、木更津総合の早川をどのように攻略するか注目だ。

 第4試合は、高松商(香川)と海星(長崎)の一戦。昨年秋に行われた神宮大会を制した高松商(香川)は、1回戦のいなべ総合は延長戦の末、7-6でサヨナラ勝ち。2回戦は“松坂二世”と呼ばれる高田を打ち崩し勝ち進んできた。

 海星は、2回戦で昨年の選抜を優勝した敦賀気比(福井)を2-1で下し、準々決勝に駒を進めた。28日の準々決勝では、神宮大会王者の高松商に挑む。

【大会9日(3月28日)】
第1試合 08時30分 智弁学園(近畿/奈良) - 滋賀学園(近畿/滋賀)
第2試合 11時00分 龍谷大平安(近畿/京都) - 明石商(近畿/兵庫)
第3試合 13時30分 木更津総合(関東/千葉) - 秀岳館(九州/熊本)
第4試合 16時00分 高松商(四国/香川) - 海星(九州/長崎)
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西