ニュース

【動画】亡き友に捧ぐ…涙の先頭打者ホームラン

無断転載禁止
本塁打を放ったゴードン(中央)はガマンしきれず涙...

さよならの代わりに...


 こぼれ落ちる涙を止めることなどできなかった。

 ホセ・フェルナンデスの死去から1日、マーリンズが本拠地にメッツを迎えた一戦。試合前にはお別れのセレモニーも行われ、球場中が悲しみに包まれた中での試合となった。

 なんとも言えない雰囲気に包まれた場内。空気を変えたのは、マーリンズの元気印の一振りだ。

 初回、先頭で打席に入ったのはディー・ゴードン。2ボールからの3球目、メッツの43歳右腕バートロ・コローンの速球を振り抜くと、打球はライトスタンドへと消えた。劇的すぎる先頭打者本塁打は、これが今シーズンの第1号。歓声と拍手の中でダイヤモンドを一周すると、男は涙をこらえることができなかった。

 胸を叩き、空に向かって手を挙げる。亡き友に捧げる一発に、ベンチで出迎えたチームメイトも同じように泣いていた。

 悲しみを乗り越え、その先へ――。マーリンズが再出発の一歩を踏み出した。


▼ ディー・ゴードン、涙の先頭打者本塁打

© 2001-2016 MLB Advanced Media


▼ 試合前に行われた追悼セレモニー

© 2001-2016 MLB Advanced Media
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西