ニュース

【侍ジャパン】投打かみ合わず黒星発進…小久保監督、打順の大幅入れ替え示唆も「4番は中田」

無断転載禁止
侍ジャパンの小久保裕紀監督
 来年3月に開催される第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で世界一奪回を目指す侍ジャパンは10日、東京ドームでメキシコとの強化試合を行い、3-7で敗れた。

 試合後、会見に臨んだ小久保監督は、この日の試合について「1回に追加点が奪えなかったことがもったいなかった」と語り、一死満塁のチャンスで押し出しによる1得点に終わった初回の攻撃を悔やんだ。

 また、5安打3得点に終わった打線については、「シーズンが終わってから時間が空いたこともあって、とらえられるボールがポップフライになってしまった。紙一重のところでバットが出てきてない」との見解を示した。

 7失点を喫した投手陣に関しては、「ブルペンではよかったが、実際にイニングの間で修正ができなかった」と厳しい表情。2番手で登板し3失点を喫した千賀の投球に関しても「制球に苦しんだ。シーズン中のボールが投げられなかった」と振り返った。

 明日もメキシコと対戦する侍ジャパン。指揮官は「打順は変えていく」と大幅な入れ替えを示唆したが、「4番は中田で」と力強く明言した。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西