ニュース

【侍ジャパン】オランダ戦の4番は未定…小久保監督、オーダーは「変える」

無断転載禁止
初回、先制の適時二塁打を放った4番・中田
 来春の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で世界一奪回を目指す侍ジャパンは11日、東京ドームでメキシコ代と対戦。前日からオーダーを大幅に入れ替えた日本が11-4で快勝した。

 3番DHで起用した大谷翔平や、前日の2番から9番に打順を下げた秋山翔吾の活躍もあり、オーダーの変更が功を奏した格好の侍ジャパンだったが、小久保監督の試行錯誤は明日以降も続いていく。

 今回の強化試合は「(オーダーを)探る期間にしたい」と語り、「(オーダーは)明日も変える」と明言。ここ2試合のスタメンに関しては、「初戦は継続して侍ジャパンで活躍している選手中心のオーダー。今日は、来年に向けてこういうこともあるというオーダーにした」との考えを明かした。

 そんな中、2試合連続で4番に座った中田翔(日本ハム)が4回に退いたことについては、「体調に問題があったので(今日は)2打席にした」と説明。オランダ戦の4番に関しては「明日決める」と語るにとどまった。

 また、本職の二塁ではなく三塁手としてフル出場した山田哲人(ヤクルト)に関しては、2試合フル出場させたことで「負担をかけた」と語り、「明日のスタメンではない」とコメントした。さらに、打線のポイントの1つに挙げ、この日は坂本が務めた6番についても「明日は違う選手を入れる」と述べ、「采配や選手起用を含め、今できることをやりきりたい」と意気込んだ。

 日本代表は今後、12日(土)と13日(日)に行われる強化試合でオランダ代表と対戦する。試合は、12日(土)が18:30から、13日(日)は18:00プレイボールとなっている
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西