ニュース 2016.11.14. 19:00

最後の最後まで“神ってた”鈴木誠也

無断転載禁止
侍でも“神って”いた鈴木誠也

勝負を決定づけるグランドスラム


 やはり最後の最後までこの男は“神って”いた。

 3試合連続の決勝弾や、25年ぶりのリーグ優勝を決めた2打席連続アーチ、そして日本シリーズ第1戦での重盗など、“神ってる男”として大ブレイクを果たした広島・鈴木誠也。男は日の丸を背負っても、その力をいかんなく発揮した。

 13日の強化試合最終戦。8-8の同点で迎えたタイブレークの延長10回、先頭・中村晃(ソフトバンク)のバント失敗で流れが相手に傾きかけた中、相手の暴投と筒香嘉智(DeNA)の四球で満塁に。ここで打席に立ったのは鈴木だった。

 カウント2-2からの直球を振りぬくと、打球は鋭い弾道で左翼席へ一直線。満塁弾という最高の結果で、勝利を決定づけた。

 この日は2回に左線二塁打、7回には2点適時二塁打も放ち、計3安打6打点と大暴れ。本人がお立ち台でも発したように、まさしく「神ってる~!!」活躍を見せた。


失策までも誘い出す“神”っぷり


 男が「神って」いたのは最終戦だけではない。

 侍ジャパン初選出の22歳は、メキシコとの第1戦に「8番・右翼」で先発出場。「緊張で吐きそうだった」と話していたが、4打席目の8回に中前打を放った。

 そして、そこからが“神って”いた。鈴木の中前打を相手がエラー。打点はつかなかったが、一走・松田が一気に生還。チームに反撃の1点をもたらした。

 また、第3戦のオランダ戦。1点を追う9回二死一、二塁という場面で、鈴木の打球はどん詰まりの二ゴロと。万事休す……と思われたが、まさかの出来事が起こる。

 鈴木の二ゴロを処理した相手の二塁手が、なんと一塁へ悪送球。この間に二走・秋山翔吾(西武)が生還し、同点に追いついた。“神ってる男”が相手の失策を誘い出し、延長戦へと希望を繋いだ。

 結局、試合はタイブレークの末にサヨナラ逆転勝利。勝利を呼び込むビッグプレーとなった。


光った背番号「51」、WBCメンバー入りへ大きく前進


 強化試合4試合のうち、第3戦を除く3試合でフル出場。打率.313と上々の結果を残した鈴木。指揮官も「収穫は鈴木誠也。今年の活躍ぶり、勝負強さを発揮してくれたと思う」と賛辞を送った。

 それでも、鈴木は満足していない。「良いスイングもあれば、あまりうまくいかない打席もあった。動く球に上手く対応できたとは思わない」と振り返る。

 それでも「そういう(動く)ボールを見られたということだけでも、自分の中ではすごく大きい」。この強化試合で何かを掴んだはずだ。


 また、同学年の大谷翔平(日本ハム)の存在も鈴木に刺激を与えた。

 「スイングスピードがすごい。ベンチの中まで(スイング音が)聞こえてくる」と興奮した様子で話す。「あれだけのことができるのは、それなりのことをしている」と世間を賑わす同い年のヒーローに感服した。

 しかし、その言葉は鈴木自身にも当てはまるのではないだろうか。“神ってる”は決して偶然なんかじゃない。「それなりのことをしている」結果だろう。

 「強化試合ということが心の中に少しあった。本番になるとまた違った緊張感やプレッシャーがかかってくると思う。それに打ち勝てるように」。

 来春のWBC本番へ、猛アピールした背番号「51」。“神ってる男”が世界の舞台でその名を轟かすのは遠くない。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西