ニュース

青木、今季3度目のシャンパンファイトに「できてよかった」

無断転載禁止
今季3度目のシャンパンファイトを行ったロイヤルズ青木宣親 [Getty Images]
 青木宣親が所属するロイヤルズが現地時間10月5日、ア・リーグ地区シリーズ第3戦でエンゼルスを8対3で下し、29年ぶりにリーグ優勝決定戦進出を決めた。試合後はベンチ裏で今季3度目のシャンパンファイト。チームメートと喜びを分かち合った青木はNHKのインタビューに応じ、試合後の心境を率直に語った。

 ア・リーグ勝率1位の難敵エンゼルスに3連勝したことについて問われると、「先制された後、すぐに点数を取ったのが勝ちに繋がったと思う」と冷静に分析。同時に「もらった試合だとある程度わかっていたので、落ち着いた感じで勝利を見届けられた。シャンパンファイトできてよかった」と安堵の表情を浮かべた。

 現地時間10日からオリオールズとのリーグ優勝決定戦が始まるが「勝ったばかりなんで後のことは考えてはいられなかったんですけど、とにかく勝てるように頑張ります」と意気込んだ。

 この試合「2番・右翼」で先発出場した青木は、6回に適時打を放つなど3安打1打点の活躍。6回の適時打後ベンチに下がったが、この日もチームの勝利に大きく貢献する働きぶりだった。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西