ニュース

大隣の好投でソフトバンクが2勝目 阪神は拙守連発で流れ失う

日本シリーズ第3戦
○ ソフトバンク 5 - 1 阪神 ●
<10月28日 ヤフオクドーム>

 1勝1敗で迎えた第3戦は、先発・大隣の好投もありソフトバンクが快勝。3年ぶりの日本一へ向け、本拠地・ヤフオクドームで貴重な2勝目を手にした。

 ソフトバンクは初回、1番柳田の二塁打を口火に一死三塁のチャンスを作ると、3番内川がセンターオーバーのタイムリー二塁打を放ち、第2戦に続き初回に先制点を奪った。4回には、7番吉村の四球をきっかけに再び得点圏に走者を置くと、9番細川がワンバウンドのボール球に手を出し空振り三振。しかし、このボールを阪神のキャッチャー・鶴岡が後逸する間に細川は振り逃げで出塁すると、この間に、一瞬のスキを見逃さなかった二塁ランナーの吉村が一気にホームベースを陥れ、ソフトバンクはノーヒットで貴重な2点目を加えた。

 6回にも、二死満塁から内川が何でもないサードゴロに倒れるも、この打球を処理した西岡がセカンドへフィルダースチィスを犯し、またしてもラッキーな形で加点。さらに、続く4番李大浩もセンター前の2点タイムリーで続き、ダメ押しとなる5点目を加えた。

 投げては先発の大隣が、またしても安定感抜群の投球を披露。初回からコーナーを丁寧に突く投球で阪神打線を翻弄すると、第2戦の武田に負けず劣らず、こちらも6回まで1安打ピッチング。7回は先頭の2番上本にこの試合2本目のヒットを許すも、続く鳥谷を併殺に仕留めこの回も無失点で切り抜けた。大隣は結局7回101球を投げ、被安打3、6奪三振、1四球と完璧に近い内容で、阪神打線を完璧に封じ込めた。

 一方の阪神は、またも打線が沈黙し2戦連続の1得点。守っては4回にバッテリーミス、6回は西岡の軽率な守備をきっかけに3失点と、攻守とも精彩を欠き見せ場なく敗れた。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西