ニュース

ソフトバンク3年ぶり6度目の日本一 選手会長・松田のV打、最後は前代未聞の守備妨害で決着

無断転載禁止
ソフトバンク・摂津正 (c) KYODO NEWS
日本シリーズ第5戦
○ ソフトバンク 1 - 0 阪神 ●
<10月30日 ヤフオクドーム>

 ソフトバンクが5番松田の決勝打で今シリーズ4連勝。本拠地・ヤフオクドームで3年ぶり6度目の日本一を決め、今季限りでの退任を発表していた秋山監督の花道を飾った。

 マウンドで秋山政権を支えたエースが奮投した。シーズン終盤からCSファイナルステージまで、自身3連敗中だった先発の摂津。立ち上がりから毎回のように走者を背負ったが、要所を締める投球で阪神打線に先制点を許さなかった。4回以降はわずか1安打に抑え6回無失点。指揮官の起用に応える好投で、日本一を手繰り寄せた。

 打線は阪神先発のメッセンジャーに苦しめられたが、0-0で迎えた8回、先頭の1番柳田のヒットを口火に一死二塁のチャンスを作ると、3番内川がライト前ヒットで繋ぎ一、三塁。4番李大浩は三振に倒れたが、二死から5番松田がセンター前タイムリーを放ち、これが決勝点となった。

 摂津が6回無失点でゲームメイクしたあとは、この日も同点の展開ながら勝利の方程式を投入。7回は森、8回は五十嵐、そして9回は守護神のサファテが一死満塁のピンチを招いたものの、西岡の一ゴロで本塁フォースアウト。さらに一塁に転送された送球が打者走者・西岡に当たり、これが守備妨害の判定でゲームセット。なんとも不思議な幕切れでソフトバンクが本拠地での日本一を決めた。

 対する阪神は、先発のメッセンジャーが7回まで無失点投球を続けるも、8回に力尽き痛恨の失点。打線もソフトバンク投手陣を最後まで攻略できず、好投のメッセンジャーを援護できなかった。

 阪神は第1戦で勝利したものの、第2戦からの4連敗で終戦。2003年から続く日本シリーズでの敵地連敗記録が9に伸びた。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西