ニュース

侍ジャパン完敗 逆転劇の再現ならず山田哲人の“代表1号”も空砲…

無断転載禁止
ヤクルトの山田哲人が代表第1号の本塁打を放つも・・・[Getty Images]
ひかりTV 4K GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表
○ 欧州代表 6 − 2 侍ジャパン ●
<3月11日 東京ドーム>

 欧州代表との強化試合の第2戦に臨んだ侍ジャパンは、序盤の失点が響いて2-6で敗れた。

 侍ジャパンはオリックスの松葉貴大、欧州代表はベテラン左腕のディエゴマル・マークウェルの両先発で始まったこの試合、先制したのは昨日に続いて欧州代表だった。

 2回、先頭のサムス(オランダ)に四球を与えて出塁を許すと、一死後、6番のキアリーニ(イタリア)に広く空いた三塁線を破られ、一塁からサムスが激走を見せて生還。その後、二死二塁から8番のオチョア(スペイン)には外寄りのボールを右翼線に運ばれ、またも適時二塁打。いきなり2点のビハインドを背負う。

 さらに3回、制球に苦しむ松葉は一死後に四球でランナーを出すと、3番のスミス(オランダ)には三遊間を破られ、一死一二塁のピンチを招く。4番のサムスは三振に打ち取って二死まではこぎ着けたものの、続く5番のデカスター(オランダ)に甘く入ったカーブを完璧に捉えられ、打球は左翼席中段まで飛び込んだ。結局、先発した松葉は3回を4安打5失点。3つの四球を与え、毎回ランナーを背負う苦しい投球となった。

 反撃したい打線も、先発したマークウェルを前に沈黙。3回まで走者を出しながらもスコアボードには「0」を並べる展開となる。

 投手陣は4回から登板したDeNAの井納翔一が2回を1安打、4奪三振無失点の好投を見せれば、6回から登板したソフトバンクの武田翔太も、日本シリーズで阪神打線を翻弄したカーブを武器に2回を無四球無安打、3奪三振の無失点。流れを手繰り寄せるも、打線は欧州代表の継投の前にランナーこそ出すもののホームを踏むことはできず。

 反撃と言うと、6回に先頭で打席に立ったヤクルト・山田哲人のバックスクリーン右へ飛び込む一発と、楽天・銀次の内野ゴロの間に2点を返すのがやっと。

 その後、8回に登板した代表初選出の楽天・松井裕樹が一死三塁のピンチを招くと、犠飛でダメ押し点を許し、勝負あり。前日の逆転劇の再現とはならず、2-6で敗戦を喫した。

 小久保ジャパンの2015年初陣となった2連戦は、1勝1敗で終了。開催時期からフルメンバーを招集できないという事情があったとは言え、11月に控えた『WBSCプレミア12』に向けて課題を残す結果となった。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西