ニュース

ヤンキースタジアムで野球の前にサッカーが開幕!? 4万3000人が熱狂

無断転載禁止
これが“サッカー仕様”のヤンキースタジアム[Getty Images]
 田中将大が所属するニューヨーク・ヤンキースの本拠地ヤンキースタジアムで、野球シーズンの開幕に先駆けてある“開幕戦”が行われた。

 現地時間15日、アメリカのプロサッカーリーグであるメジャーリーグサッカー(MLS)に今シーズンから新規参入したニューヨーク・シティFCが、ホーム開幕戦をヤンキースタジアムで開催した。

 スタンドは見慣れた風景ながら、グラウンドに目を移すとレフトの奥から一塁側へと長方形の芝が引かれ、三塁と本塁のアンツーカーだけ見えているというような、野球ファンから見ると不思議な光景が広がったヤンキースタジアム。

 試合はスペイン代表ダビド・ビジャが挙げた得点などにより、ニューヨーク・シティがニューイングランド・レボリューションに2-0と快勝。ホームで創設初勝利となる歴史的一勝を挙げ、詰めかけた4万3507人の観客を熱狂の渦に巻き込んだ。

 ニューヨーク・シティは、ヤンキースがイングランド・プレミアリーグの強豪マンチェスター・シティのオーナーグループと手を組み、共同運営するサッカーチーム。ということでヤンキースも全面協力の下、10月末までのレギュラーシーズンのホームゲームはすべてヤンキースタジアムで行われる予定となっている。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西